発表・セミナー予定

2017/3/16~19 日本化学会で発表します。

発表者:高木大敬
タイトル:導電性探針AFM を用いたRu 二核錯体のナノスケール電気物性計測

発表者:大塚洋一
タイトル:タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)を用いたステロイドのオンサイト誘導体化の検討

発表者:大塚洋一
タイトル:On site derivatization of steroid by scanning probe electrospray ionization

2017.03.16

2017/3/14~17 応用物理学会で発表します。

発表者:江藤 理杏
タイトル:ナノ体積液体の帯電を活用した分子パターニング

発表者:西嶋 知史
タイトル:ダブルジャンクション型ナノ電極を用いたRu錯体分子膜の非線形電気伝導特性

発表者:山田 将也
タイトル:ケルビンプローブフォース顕微鏡による有機色素分子/金属薄膜界面の電子準位アライメント

発表者:高木 大敬
タイトル:導電性探針AFM を用いたRu 二核錯体のナノスケール電気物性

発表者:大塚 洋一
タイトル:走査型プローブエレクトロスプレーイオン化を用いたステロイドのオンサイト誘導体化反応の検討

発表者:荒木 健人
タイトル:時間分解静電気力顕微鏡による有機太陽電池の電荷マッピング

発表者:宇佐美 雄生
タイトル:自己ドープ型ポリアニリンのナノスケール電気物性とネットワーク構築

2017.03.14

2016 真空・表面科学合同講演会 (11/29-12/1)で発表します。

発表者:眞榮平 愛
タイトル:O2及びCOと結合したヘモグロビンの表面物性の相違

発表者:大塚洋一
タイトル:ナノピペットを用いた走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の高空間分解能化の検討

発表者:宇佐美雄生
タイトル:自己ドープ型ポリアニリンを用いたマルチチャネル型分子デバイスの電気伝導特性

発表者:荒木 健人
タイトル:静電気力顕微鏡による有機太陽電池の時間分解電荷マッピング

発表者:山田 将也
タイトル:ケルビンプローブフォース顕微鏡による有機色素分子/ナノ微粒子界面の電子状態解析

2016.11.16

2016/11/18-19 関西薄膜表面物理セミナーで発表します。

発表者:宇佐美 雄生  タイトル:ポリアニリンのナノスケール物性とネットワーク化

2016.11.16

2016/10/25-26 MRS-Id(インドネシア材料学会)でキーノート講演を行います。

発表者:松本卓也

タイトル:Nonlinear electronic transport in macromolecular system for stochastic computing

2016.09.07

2016 11/15 第6回CSJフェスタで発表します

発表者:眞榮平 愛

タイトル:O2およびCOと結合したヘモグロビンの表面物性の相違

2016.09.07

2016 9/13-16 第77回応用物理学会秋季学術講演会で発表します。

発表者:荒木 健人

タイトル:静電気力顕微鏡による有機太陽電池の時間分解電荷マッピング

発表者:宇佐美 雄生

タイトル:自己ドープ型ポリアニリンを用いたマルチチャネル型分子デバイスの電気伝導特性

発表者:西嶋 知史

タイトル:ダブルジャンクション型ナノ電極によるRu錯体を介した電気伝導のゆらぎ計測

2016.09.07

2016/8/29 SPIE Conference (San Diego) で招待講演を行います。

発表者:蔡 徳七

タイトル:Nonlinear electric transport in biomolecular systems for stochastic signal processing

2016.08.01

2016 7/27,28 ICOMF16での学会発表

発表者:Takuya Matsumoto
タイトル:Cytochrome c/DNA co-assembling at air-water interface

発表者:Yoichi Otsuka
タイトル:Nonlinear electric properties of biological molecular networks in nanoscale

発表者:Satoshi Nishijima
タイトル:Conductance enhancement at metal / molecule interface of double junctioned molecular device

発表者:Ai Maehira
タイトル:Dissimilar surface properties of Hemoglobin combined with O2 and CO

発表者:Dock-Chil Che
タイトル:Conduction via LUMO of huge ring polyoxometalate

2016.07.07

2016/7/22 Twente大学(オランダ)でセミナー発表します

発表者:松本卓也

タイトル:Stochastic resonance in Molecular Coulomb Blockade networks

2016.06.30

PAGE TOP