Presentations

招待講演(国際会議)Invited talk(International)

2020

    • Takuya Matsumoto
      Network-based Molecular Electronics: Toward Realization of Neuromorphic Computing by Nano-molecular System
      3rd International Conference on Material Science (ICMS 2020)
      March 3-5, 2020, Tripra University, Agartra, India (COVID-19のため直前訪印中止)
    • Takuya Matsumoto
      Charge Transfer in Molecular Nano‐Systems: Scanning Probe Methods and Network-Based Molecular Electronics
      RECENT TRENDS IN CONDENSED MATTER PHYSICS 2020
      March 2-3, 2020, School of Physical Science, Indian Association for the Cultivation of Science, CV Raman Hall, IACS, Kolkata, India. (COVID-19のため直前訪印中止)
    • Yoichi Otsuka
      Development of scanning probe electrospray ionization for the visualization of chemical components in biological tissue
      ASEAN-OU Chemistry Symposium 2020
      Jan. 9, 2020, Osaka, Japan
    • Yoichi Otsuka
      Mass spectrometry imaging of human heart tissue by scanning probe electrospray ionization with feedback control system
      SUNBOR Symposium
      Jan. 17, 2020, Nara, Japan
    • Yoichi Otsuka
      Scanning Probe Electrospray Ionization: Fusion of SPM with Mass Spectrometry 28th international colloquium on scanning probe microscopy
      2020/12/10 (Online)

2019

  • Takuya Matsumoto
    Network-based Molecular Electronics: Neuromorphic Functions
    BRAINS Minisymposium July 15, 2019, MESA+, Twente University (The Netherlands)
  • Yoichi Otsuka,Satoshi Nishijima,Leo Sakamoto,Kentaro Kajimoto,Kento Araki,Tomoki Misaka,HIroshi Ohoyama,Takuya Matsumoto
    Chemical Contorol of Electronic Coupling between a Ruthenium Complex and Gold Electrode for Resonant Tunneling Conduction
    BRAINS Minisymposium July 15,2019,MESA+, Twente University (The Netherlands)
  • Yoichi Otsuka
    Ambient Sampling and Ionization with a Single Capillary Probe: Development of Scanning Probe Electrospray Ionization (SPESI)
    Seminar in Analytical Division
    Indianna University 2019/2/5
  • Takuya Matsumoto
    Resonant Tunneling Conduction through Ruthenium Complexes for Neuromorphic Nano-Molecular Systems
    The 4th International Symposium “Elucidation of Property of Nest Generation Functional Materials and Surface/Interface”
    December 9-10, 2019, Osaka University, Osaka, Japan
  • Takuya Matsumoto
    Network-based Molecular Electronics: Toward Realization of Neuromorphic Computing by Nano-molecular Systems
    World Chemistry Forum 2019
    May 22-24, 2019, Barcelona, Spain

2018

  • Yoichi Otsuka
    Ambient Sampling and Ionization with a Single Capillary Probe: Development of Scanning Probe Electrospray Ionization (SPESI)
    Bioscience Seminor Series
    November 2, 2018 University of Sweden, Sweden.
  • Yoichi Otsuka
    Development of Tapping-mode Scanning Probe Electrospray Ionization (t-SPESI)
    M4I Lectures
    October 30, 2018 University of Maastricht, The Netherlands.
  • K. Araki1, Y. Ie, Y. Aso, H. Ohyama1 and T. Matsumoto
    Time-resolved Electrostatic Force Microscopy of surface charges Generated by Tip-Synchronized Photoexcitation
    The 3rd International Symposium on “Recent Trends in the Elucidation and Function Discovery of Next Generation Functional Materials of Surface / Interface Properties”
    18-20 June 2018, Osaka University, Japan
  • Takuya Matsumoto and Kento Araki
    Network-based Molecular Electronics: Neuromorphic Materials, Properties and Nanoscale Charge Detection Methods
    Seminar at Fritz-Haber Institute of the Max-Planck Society
    July 30, 2018, Berlin, Germany
  • Takuya Matsumoto
    Network-based Molecular Electronics: Neuromorphic Materials, Properties and Nanoscale Charge Detection Methods
    Seminar at Center for Brain-Inspired Nano Systems
    July 19, 2018, University of Twente, Enschede, The Netherlands.
  • Yoichi Otsuka
    Nonlinear electrical property of Ruthenium complex in nanoscale
    BRAINS Open Seminor
    July 19, 2018 University of Twente, Enschede, The Netherlands.

2017

  • Takuya Matsumoto
    Network-based molecular electronics
    9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9)
    Next Era Computing Contributed by M&BE
    June 26-28, 2017 Ishikawa Ongakudo, Knazawa Japan
  • Takuya Matsumoto
    Nonlinear Electric Transport in Protein/DNA Networks for Stochastic Resonance
    Second International Conference on Material Science (ICMS-2017)
    February 16-18, 2017, Department of Physics, Tripura University (Tripura, India)
  • Kento Araki, Yutaka Ie, Yoshio Aso, Hiroshi Ohyama, Takuya Matsumoto
    Time-resolved Electrostatic Force Microscopy of photo-induced surface charge on organic solar cell
    The 2nd International Symposium on “Recent Trends in Analysis Techniques for Functional Materials and Devices”
    January 17-19, 2017, Osaka University (Toyonaka, Japan)

2016

  • Takuya Matsumoto
    Stochastic Resonance in Molecular coulomb Blockade Networks
    The seminar at nanoelectronics laboratory,
    July 22, 2016, Institute for Nanotechnology, University of Twente (Enschede, Netherlands)
  • Saki Sumida, Harumasa Yamaguchi, Hiroshi Ohyama, Yoichi Otsuka, Dock-Chil Che, Takuya Matsumoto
    Nonlinear electric transport in biomolecular systems for stochastic signal processing
    SPIE Conference
    August 28- September 1(8/28), 2016, San Diego Convention Center (San Diego,U.S.A.)
  • Dock-Chil Che
    Development for direct detection of OH radicals emanated from human skin using LIF technique
    TAKOMA Co.Lt講演
    May 16,2016, TAKOMA Co.Lt.(城南市,Korea)
  • Dock-Chil Che
    Study of reaction Dynamics using molecula beam ; Development of medical diagnosis device
    全北大学 理学部講演
    May 17, 2016, 全北大学 理学部(全州市,Korea)

2015

  • Takuya Matsumoto
    Nano-scale Nonlinear Charge Transport of DNA Supramolecular Networks
    The EMN Bangkok Meeting 2015
    November 10-13 (11/11),2015, Holiday Inn Resort Bangkok Silom(Bangkok, Thailand))
  • Takuya Matsumoto, Haruka Matsuo, Yoshiaki Hirano
    Nonlinear Electric Transport in Macromolecular System
    The 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015)
    December 1-4, 2015(12/4)香港城市大学(Hong Kong, China)
  • Takuya Matsumoto
    Nano-scale Nonlinear Charge Transport of DNA Supramolecular Networks
    The EMN Bangkok Meeting 2015
    November 10-13, 2015(11/11) Holiday Inn Resort Bangkok Silom(Bangkok, Thailand)

2014

  • Takuya Matsumoto
    Stochastic Signal Enhancement in DNA Nanostructures
    Seminar Material Metallurgy
    October 2, 2014 Indonesia Institute of sciences (LIPI) (Tangerang Selatan, Indonesia)
  • Takuya Matsumoto
    Stochastic Signal Enhancement in Nanoscale Molecular Networks
    The Materials Research Society of Indonesia (MRS-Id 2014)
    September 26-28(9/28), 2014 ASTON HOTEL DENPASAR (Denpasar Bali, Indonesia)
  • Takuya Matsumoto
    Stochastic Resonance in Molecular Network Systems
    The 2014 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA 2014)
    September 14-18(9/15), 2014 KKL Luzern (Luzern, Switzerland)
  • Takuya Matsumoto
    Stochastic Resonance in a Molecular Redox Circuit
    International Conference on Small Science (ICSS 2013)
    December 15-18(12/17), 2013 The Red Rock Casino Resort and Spa, (Las Vegas Nevada, USA.)

2013

  • Hiroshi Ohyama
    Stereodynamics on chemical reaction using the oriented beams
    symposium on chemical kinetics and dynamics
    June 5-7 (6/7), 2013, Tohoku University (Sendai,Japan)
  • Takuya Matsumoto
    Noise-induced stochastic enhancement for a device basedon redox-active huge molecule and
    DNA network
    International Conference on Material Science (ICMS-2013)
    February 21-23 (2/21) 2013, Tripura University (Tripura India)

2012

  • Takuya Matsumoto
    Redox-Active Huge Molecular Network Exhibiting Noise-Induced Stochastic Enhancement
    International Union of Materials Research Societies -International Conference on Electronic
    Materials 2012 (IUMRS-ICEM 2012)
    September23-28 (9/24) 2012 PACIFICO YOKOHAMA (Yokohama Japan)
  • Takuya Matsumoto
    Redox-Active Huge Molecular Network Exhibiting Noise-Induced Stochastic Enhancement
    Asia Conference on Nanoscience and Nanotechnology 2012(Asia NANO 2012)
    September 7-10 (9/9) 2012 Crowne Plaza Lijiang Ancient Town (Lijiang, Yunnan, China)
  • Takuya Matsumoto
    Noise-Induced Stochastic Enhancement for a Device Based on Cytochrome c and DNA Network
    Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) 2012 (CCMR2012)
    June 25-29 (6/25) 2012 Seoul Palace (Korea Seoul)

2011

  • T. Matsumoto, Y. Hirano, Y. Segawa, T. Kawai
    Noise-induced stochastic enhancement for a device based on cytochrome c and DNA nanonetwork
    12th European Conference on Organized Films (ECOF12)
    July 17-20 (7/20) 2011 Sheffield Hallam University (Sheffield UK)

2010

  • T. Matsumoto
    “Nanotester : Imaging the Current Pathway of Soft Materials”
    Germany / Japan , 1st Workshop on “Nanoanalytics”, February 15, 2010 (Osaka).
  • T. Matsumoto
    “Stochastic resonance emerging on Coulomb blockade network induced by redox-active biomolecular arrays”
    The 6th International Symposium on Organic Molecular Electronics (ISOME2010), June 10-11, 2010 (Japan).

2008

  • D. –C. Che* and T. Kasai
    “Dynamics of the OH+HBr four-atom reaction by using electrostatic hexapole state-selection and VUV-LIF product detection”
    MOLEC XVII (2008, St. Petertsuburg, Russia)

2007

  • T. Matsumoto
    “Hopping conduction through macromolecules”
    Osaka Univ. /LANL International Workshop “The Nanoelectronics and Dynamics of DNA”
    August 26-28, 2007, Hawaii, U.S.A.
  • T. Matsumoto
    “Interface and Grain Boundary in Organic Nanoelectronics”
    Printed Electronics Asia 07 Sep. 10-11, 2007, Tokyo), Japan
  • T. Matsumoto
    “Nanoscale hopping conduction through cytochrome c and Mn12-complex”
    Seminar at physics department of Genova University
    September 24, 2007, Genova, Italy

2006

  • T. Matsumoto
    “Electrical property of non-doped DNA and DNA-templated molecular array
    Osaka Univ./LANL International Workshop on “The 2nd Nanoelectronics and Dynamics of DNA”
    Aug.4-22, 2006, Hawaii, U.S.A.
  • D. –C. Che* and T. Kasai
    “243-nm and 121.6-nm photodissociation of (DCl)2 selected by an electrostatic hexapole field: Direct observation of [ClDCl] transition region species ”
    Fourth International Meeting on Photodynamics, Havana, Cuba, 2006年2月
  • T. Matsumoto
    “Conductivity of Biomolecular Nanostructures”
    Handai Nanoscience and Nanotechnology International Symposium
    Nov. 20-22, 2006, Osaka, Japan
  • D. –C. Che* and T. Kasai
    “Stereodynamics of four-atom reaction : Collision energy dependence of the OH + HBr reaction “,
    International Conference on Stereodynamics of Chemical Reactions, Arcachon (France)
    Nov. 2006年

2005

  • T. Matsumoto
    “Conductivity Measurement of Single/Small Number of DNA Nanoelectronics and Dynamics of DNA”
    Aug. 28-31, 2005, Hawaii, U.S.A.
  • T. Matsumoto
    “Conduction in Single/Small Number of Molecules Including DNA and Cytochrome c”
    The 54th Fujihara Seminar “Organic Semiconductors & Conductors: Half Century & Future
    Aug.31-Sep.4, 2005, Tomakomai, Japan
  • T. Matsumoto
    “Visualization of Nano-Scale Magnetic Structures of Magnetoresistive (La,Ba)MnO3
    and Granular Fe/ Al2O3 by Frequency-Modulation Magnetic Force Microscopy.”
    6th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology
    Sep.11-16, 2005, Maui, U.S.A
  • T. Matsumoto
    “Molecular Electronic using Biological Materials”.
    International Symposium on Molecular Scale Electronics
    (In conjunctlon with 6th Molecular Scale Electronics Workshop in Japan)
    Dec.5-6, 2005, Tsukuba, Japan

2004

  • T. Matsumoto
    “Electronic properties of biomolecular system: toward the realization of bottom-up
    molecular scale electronics”,
    International Seminar on Organic-molecular Materials
    August 8-9, 2004, Shizuoka, Japan
  • T. Matsumoto
    “Scanning Probe microscopy methods for biomolecular electronics “SANKEN International Symposium on Scientific and Industrial Nanotechnology 2004
    December 6-7, 2004, Osaka, Japan

2003

  • T. Matsumoto
    “Nanostrucutures and electronic properties of Macromolecules: DNAs and porphyrins”
    3rd Korea-Japan Workshop on Nanostructures on Surface, “Nano-scale molecular systems on surfaces
    February 7, 2003, Seoul, Korea
  • T. Matsumoto
    “Novel Method of Scanning Probe Microscopy/ Spectroscopy for Nanoscale Mlecular Devices”
    Second International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics
    March 5-7, 2003, Tokyo, Japan
  • T. Matsumoto
    “Nanoscale magnetism observed by scanning probe microscopy”
    International symposium ” Nano-science of Advanced Metal Complexes”
    March 22-24, 2003, Okazaki, Japan
  • T. Matsumoto
    “Electronic properties of bio-molecular systems: Towards the realization of bottom-up
    molecular-scale electronics”
    The 5th RIES-Hokudai Symposium on Advanced Nanoscience
    December 1-2, 2003, Sapporo, Japan
  • D. –C. Che
    “Photodissociation of DCl dimmer : Measurement of internal energy distribution of
    [ClDCl] transient species ”
    Internaltional Workshop on “Stereospecific Control by Molecular Orientation” (2003, Osaka, Japan)
  • D. –C. Che*
    “Photodissociation of DCl dimmer selected by hexapole electric field combined with
    Doppler-selected TOF technique: Observation of [ClDCl] transient species ”
    Nagoya Univ. COE Mini-Symposium (2003, Nagoya, Japan)

2002

  • T. Matsumoto
    “Nanoscale Magnetism Observed by Non-contact Magnetic Force Microscopy”
    International Symposium on Scientific and Industrial Nanotechnology 2002
    December 12-13, 2002 Osaka, Japan
  • D. –C. Che*
    “Generation of an intense pulsed OH beam and single quantum state selection of OH(X) by hxapole field ”
    “International Symposium on “Stereo dynamics of Chemical Reactions” (2002, Schoorl, The Netherlands)
  • D. –C. Che*
    “Role of Hydrogen-Bond in Cluster in Photodissociation Dynamics ”
    “Advances in Hydrogen Bond Research” (2002, Tsukuba, Japan)

2000

  • T. Matsumoto
    “Surface Ferromagnetism of Manganite Oxide Probed by Non-contact Scanning Force Microscopy”, Seminar of condensed matter physics, University of Geneva
    July 14, 2000, Geneva, Switzerland.

PAGE TOP

招待講演(国内会議)Invited talk(Domestic)

2021

    • 大塚 洋一
      走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発と質量分析イメージングへの応用
      第45回分析展示講演会
      2021/2/25 大阪産業技術研究所森ノ宮センター 招待講演

2020

    • 大塚洋一
      細胞や組織の化学状態を捉える大気圧サンプリングイオン化質量分析法の開発
      第80回分析化学討論会
      2020年5月26日、北海道教育大学(札幌市)
    • 大塚洋一
      走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発と生体組織の多次元化学情報計測
      日本顕微鏡学会第76回学術講演会
      2020年5月28日、大阪国際交流センター(大阪市)
    • 大塚洋一
      走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発研究
      第166回 質量分析関西談話会、
      Zoom、2020年7月18日

2019

    • 大塚洋一
      走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(SPESI)の開発と生体分子情報計測
      池ノ内研究室オープンセミナー
      2019年12月13日、九州大学(福岡市)
    • 松本卓也
      時間分解静電気力顕微鏡のよる分子系ナノ構造体の電荷イメージング
      高分子・ハイブリッド材料研究センター、2019PHyMシンポジウム
      2019年11月12日、東北大学多元物質科学研究所、高分子・ハイブリッド材料研究センター(仙台市)
    • 松本卓也
      時間分解静電気力顕微鏡による局所電荷マイグレーションの観察
      2019年度日本表面真空学会学術講演会
      摩擦の科学研究部会:微小エネルギーの観測と制御
      2019年10月28-30日(発表日10月29日)、つくば国際会議場(つくば市)
    • 松本卓也
      イントロダクトリートーク:マテリアル知能科学:物質に内在する学習・最適化機能の発現を目指して
      第66回応用物理学会春季学術講演会
      2019年3月9-12日(発表日3月10日)、東京工業大学大岡山キャンパス(東京都)
    • 大塚洋一
      多彩な生体情報を可視化する走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発NanoLSI公開セミナー
      金沢大学
      2019/3/18
    • 大塚洋一
      Development of Scanning Probe Electrospray Ionization for Biomedical Imaging
      大阪大学 知の共創プログラム 公開シンポジウム イメージング質量分析の潮流
      大阪大学中之島センター 2019/2/5

2018

    • 松本 卓也
      マテリアルと知能:分子ネットワークによる情報デバイスの構築
      電子情報通信学会ソサエティ大会
      2018年9月11-14日 金沢大学角間キャンパス(金沢市)
    • 大塚洋一
      医療応用を志向する極致イメージング質量分析法と特微量抽出法の開発
      MEIクラブ
      2018年6月12日 大阪大学
    • 大塚洋一
      走査型プローブエレクトロニクススプレーイオン化法の理解と応用
      質量分析オープンイノベーション共同ユニットキックオフシンポジウム・蛋白研セミナー “質量分析の未来”
      2018年3月10日 大阪大学
    • 松本 卓也
      マテリアル知能概説
      マテリアル知能ワークショップ
      2018年2月19日 北海道大学 情報機能研究科棟

2017

    • K. Araki, Y. Ie, Y Aso, H. Ohyama and T. Matsumoto
      Time-resolved Electrostatic Force Microscopy of Patterned Organic Photovoltaic thin films
      2017年応用物理学会関西支部セミナー「機能性材料・デバイス解析の最前線」
      2017年12月5日 大阪大学工学研究科
    • 松本卓也
      Conjugated Electrical Properties of Au Nanoparticles-Polyaniline Networks
      2017年ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会合同シンポジウム
      2017年11月26日-27日 熊本県八代市
    • 松本卓也
      Au微粒子アレイとポリアニリンで構成した局在準位ネットワーク
      第11回物性科学領域横断研究会-凝縮系科学の最前線-
      2017年11月17(金)-18(土) 東京大学物性研究所 大講義室
    • 荒木健人、松本卓也
      パルスレーザーを用いた時間分解電位測定
      ナノプローブテクノロジー第167委員会第87回研究会「ケルビンプローブ力顕微鏡の応用展開」
      2017年11月14日(火) 東京大学生産技術研究所
    • 大塚洋一
      走査型プローブエレクトロニクススプレーイオン化質量分析法の開発とラベルフリー質量イメージング
      2017年度精密工学会春季大会
      2017年9月21日 大阪大学
    • 松本卓也
      局所電荷の時間分解イメージング
      第14回バイオオプティクス研究会
      2017年9月28日(木)-29日(金) 北海道大学 シオノギ創薬イノベーションセンター
    • 松本 卓也
      分子ネットワークによる脳型情報処理システムの構築
      日本表面科学会・日本真空学会東海支部合同講演会
      2017年4月22日 名城大学 名古屋ドーム前キャンパス(愛知県名古屋市)

2016

  • 松本 卓也
    ネットワーク型分子エレクトロニクスを目指して
    電子情報通信学会北海道支部講演会
    2016年3月1日 北海道大学 情報科学研究科(札幌市)
  • 松本 卓也
    ナノスケール巨大分子系における非線形トンネル伝導-分子エレクトロニクスへのアプローチ
    応用物理学会関西支部主催「表面・界面の顕微分析セミナー」
    2016年3月3日 大阪大学大学院工学研究科 (吹田市)
  • 蔡 徳七
    配向分子線を用いた立体ダイナミクス研究
    第4回CUTE シンポジウム:コンピュータ化学
    2016年6月16日 三重大学新産業創成拠点(三重県津市)

2015

  • 松本 卓也
    巨大分子系における非線形電子輸送
    第12回バイオオプティクス研究会
    2015年11月27-28日 (発表日11月27日)TKPアクトタワーCC (静岡県浜松市)

2014

    • 松本 卓也
      巨大分子の酸化還元ネットワークを用いた確率増幅デバイス
      日本化学会第94春季年会(2014)
      特別企画公演 単一分子電子伝導とノイズ、揺らぎ~脳型電子素子への道
      2014年3月27-30日(発表日3月30日)  名古屋大学 東山キャンパス (愛知県名古屋市)
    • 松本卓也
      分子スケールエレクトロニクスの新展開
      日本真空学会関西支部平成26年度第一回講演会
      2014年1月20日島津製作所関西支社マルチホール(大阪)

2011

    • 松本卓也
      「巨大分子ネットワークを用いた確率増幅デバイス」
      2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
      2011年3月24-27日(発表日3月25日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市

2010

    • 松本卓也
      「分子スケールエレクトロニクス -単分子デバイスから単分子集積デバイスへ-
      大阪大学有機エレクトロニクス研究会春の学校 「単一分子エレクトロニクスの要素技術と基礎理論」
      2010年2月26-27日(2/26発表日) 国際高等研究所 京都府木津川市
    • 松本卓也
      「ソフトナノマテリアルの電流経路イメージング」
      第57回応用物理学関係連合講演会
      2010年3月17-20日(3/19発表日) 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市
    • 松本卓也
      「シトクロムcのスラブ光導波路分光と確率共鳴デバイスの構築」
      第7回バイオオプティクス研究会・理研シンポジウム「蛍光相関分光と情報伝達(7)」合同シンポジウム
      2010年12月3-4日(12/3発表日) 東京農工大学、小金井市

2009

    • 松本卓也
      「絶縁体表面におけるバイオ分子の引力イメージング」
      第70回応用物理学学術講演会 2009年9月8-11日 富山市
    • 松本卓也
      「ニューロンを模倣した表面分子ネットワークデバイスへのアプローチ」
      産総研九州センター セミナー「表面・界面研究の新展開」2009年9月28日(鳥栖市)
    • 松本卓也
      「ニューロンを模倣した表面ネットワーク分子デバイスへのアプローチ」
      第29回表面科学学術講演会シンポジウム「高次階層性を持つ表面分子ナノシステム-構造と機能の創発をめざして-」2009年10月27-29日 東京

2008

    • 松本卓也
      「バイオ分子を用いた分子エレクトロニクス」
      第5回バイオオプティクス研究会 2008.12.19~20 浜松市

2007

    • 松本卓也
      「有機分子のナノスケール電気伝導 -科学、物性からデバイスへ-」
      第265回応化コロキウム 2007.2.9 東京
    • 松本卓也
      「イントロダクトリートーク:プログラム自己組織化を用いた分子スケールデバイス-ボトムアップ/トップダウン融合の視点から」
      第68回応用物理学学術講演会シンポジウム「プログラム自己組織化を用いた分子スケールデバイス-ボトムアップ/トップダウン融合の視点から」 2007.9.4~8 札幌
    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡による表面電荷の画像化」
      第51回粘土科学討論会シンポジウム基調講演「粘土、層状化合物を用いた最先端材料研究」
      2007.9.12~14 札幌
    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡によるバイオ分子認識」
      第4回バイオオプティクス研究会 2007.11.30~12.1 山口

2006

    • 松本卓也
      「分子エレクトロニクスにおけるナノトランスファープリンティングに重要性」
      神奈川科学技術アカデミー(KAST)平成17年度KASTフォーラム3
      かながわサイエンスパーク 2006.2.7 川崎
    • 松本卓也
      「ナノスケール電気伝導:フタロシアニン、DNA、チトクロムc」
      物性研究所短期研究会「有機物質のナノ電子物性」 2006.4.24~26 柏
    • 松本卓也
      「有機・バイオ材料のナノスケール電子機能測定」
      有機ビジネステクニカルセミナー オルガテクノ2006 2006.7.25 横浜
    • 松本卓也
      「プログラム自己組織化によるナノ材料・ナノデバイスの作成」
      自己組織化現象におけるメカニズムと物性制御および応用動向 2006.7.26 東京
    • 松本卓也
      「水溶液中局所電荷測定法の開発」
      第3回バイオオプティクス研究会「バイオとオプティクスの融合」 2006.10.13 東京
    • 松本卓也
      「絶縁体表面における表面電気ポテンシャル測定」
      日本顕微鏡学会、走査型プローブ顕微鏡分科会 平成18年度研究会
      「原子間力顕微鏡による電位計測-ケルビン力顕微鏡は何をみているのか?-」
      2006.12.12 京都

2005

    • 松本卓也
      「単一あるいは少数分子の電気伝導と金属/分子界面制御:DNA,シトクロムc」
      学術創成ミーティング
      2005年4月19日(大阪)
    • 松本卓也
      「絶縁体上ナノ構造の電気特性・電子状態計測-ナノエレクトロニクスのためのSPM新手法-」
      JSTナノ計測ワークショップ ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ領域横断企画 2005.8.11~12 静岡
    • 松本卓也
      「有機・バイオ材料の分子スケール電子機能計測」
      -ナノテスタの開発と分子エレクトロニクスへの応用-
      2005年度精密工学会秋季大会シンポジウム「先端機能材料・表面の原子スケール計測技術」2005.9.17 京都大学総合人間学部、京都
    • 松本卓也
      「少数または単一分子の電気伝導:DNA、DNA修飾体、およびチトクロムc」
      第2回バイオオブティックス研究会-バイオとオプティックスの融合-
      2005.10.15 札幌

2004

    • 松本卓也
      「分子系ナノスケール構造の電気・電子特性計測」
      分子スケールエレクトロニクス研究会 2004.4.8~10 岡崎

2003

    • 松本卓也
      「表面単一分子系の分極と表面分子機能」
      学術創成研究「有機デバイス関連界面の解明と制御」第一回公開シンポジウム
      2003.1.8~9 名古屋
    • 松本卓也
      「ナノ構造・デバイスの電気・電子特性評価法」
      第一回近畿産学官連携フォーラム 2003.3.11 大阪
    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡で測る」
      日本化学会イブニングセッション「先端ウォッチング調査:21世紀の化学の潮流を探る」2003.3.20 東京

2002

    • 松本卓也
      「探針-有機分子-表面間の局所的電荷移動と分子エレクトロニクス」
      分子科学研究所SPM研究会 2002.2.13-14 岡崎
    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡を用いたDNA及び鎖状有機分子の電子物性計測」
      日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 2002.3.5 東京
    • 松本卓也
      「金属錯体の表面ナノスケール集積化」
      日本化学会第81春季年会 特別企画「ナノ金属錯体の化学」 2002.3.27 東京
    • 松本卓也
      「DNA及び単一分子のナノスケール電子物性測定」
      日本化学会第81春季年会 特別企画「非接触原子間力顕微鏡」 2002.3.27 東京
    • 松本卓也
      「分子内電荷分布と単一分子電気伝導」
      第一回単一分子エレクトロニクス研究会 2002.4.7~8 京都
    • 松本卓也
      「磁気力顕微鏡による表面磁気状態の観察」
      日本電子顕微鏡学会第58回学術講演会シンポジウム「AFMの新しい展開」
      2002.5.14~16 大阪
    • 松本卓也
      「無機及び有機材料のSTM・MFM」
      日本顕微鏡学会関西支部特別企画「SPMセミナー」 2002.12.3 京都
    • 松本卓也
      「分子デバイスの電子物性と素子機能」
      京都大学VBL講義「先端電子材料学」 2002.12.9 京都

2001

    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡で見た巨大分子の構造と電子物性-分子スケールエレクトロニクスをめざして-」
      応用物理学会有機分子バイオエレクトロニクス分科会 第15回分子工学若手夏の学校2001.7.6-7 つくば市
    • 松本卓也
      「分子性ナノスコピック集合体の構造と電子物性-単一分子から自己組織化へ-」
      集積型金属錯体懇談会 2001.2.3~4 東京
    • 松本卓也
      「ペロブスカイトMn酸化物の表面磁性」
      第62回応用物理学会学術講演会「SPMによるナノ領域のスピン計測」シンポジウ  ム 2001.9.11-14 名古屋
    • 松本卓也
      「単一巨大分子の表面における構造・物性・反応」
      第29回応用物理学会スクールB「単一分子エレクトロニクス」
      2001.9.11 名古屋
    • 松本卓也
      「単一DNAおよび巨大分子の構造と電子状態」
      第56回日本物理学会秋季大会
      領域9、領域7合同シンポジウム「単一分子-表面系複合系の科学」
      2001.9.17-20 徳島
    • 松本卓也
      「単一分子接合」
      2001年度精密工学会秋季大会学術講演会
      オーガナイズドセッション「ナノファブリケーション・ナノストラクチャー」
      2001.9.22 大阪
    • 松本卓也
      「超分子化学による表面分子系の構築と電子状態アライメント」
      物性研セミナー 2001.9.26 柏
    • 松本卓也
      「表面単一巨大分子系の構造と電子状態」
      2001年分子構造総合討論会シンポジウム「ナノテクノロジーと分子科学」
      2001.9.24-27 札幌
    • 松本卓也
      「金属錯体の表面ナノスケール集合化と電子機能」
      第51回錯体化学討論会ミニシンポジウム「集積型金属錯体の今後を展望する:
      ナノ金属錯体の化学的創製」 2001.9.28-30 松江

2000

    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡を用いた単一分子計測と物性評価」
      文部省科学研究助成金基盤研究C「企画調査」
      第三回分子スケールエレクトロニクス研究会 2000.11.6~7 松山
    • 松本卓也
      「走査プローブ顕微鏡を用いたDNA及び巨大パイ共役分子の高分解能観察と電子状態測定」
      第16回 田丸カンファレンス「21世紀を目指す触媒研究」 2000.10.13~14 伊豆熱川
    • 松本卓也
      「NC-AFM/STM同時測定によるDNAの微細構造観察」
      第61回応用物理学会学術講演会シンポジウム 2000.9.3~7 札幌
    • 松本卓也
      「DNAの高分解能観察とデバイス応用への道」
      新化学発展協会電子情報技術部会光情報材料分科会講演会
      化学会館 2000.7.6 東京
    • 松本卓也
      「分子エレクトロニクスにおける有機分子-金属間の電荷移動の重要性」
      科学技術庁金属材料研究所ナノ分子フォトにクス共同研究施設セミナー
      志段味サイエンスパーク 2000.5.29 名古屋

PAGE TOP

一般講演(国際会議)Contributed lecture(International)

2021

    • Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Yoichi Otsuka, Hiroshi Ohoyama, Takuya Matsumoto
      Charge tracking by tip-synchronizing time resolved electrostatic force microscopy.
      Joint Symposium of JSPS-DST Bilateral Research Project Charge- and Spin-Blockade in Ultrathin-Layers of Single Molecule Magnets
      2021/2/24 (online)
    • Jiannan Bao, Yoichi Otsuka, Riko Etoh, Yuki Usami, Takuya Matsumoto
      Physicochemical Modulation of Electronic and Spatial Density of States in Shape-Limited Self-Doped Polyaniline.
      Joint Symposium of JSPS-DST Bilateral Research Project“Charge- and Spin-Blockade in Ultrathin-Layers of Single Molecule Magnets
      2021/2/24 (online)
    • 2020

        • Yoichi Otsuka, Bui Kamihoriuchi, Aya Takeuchi, Futoshi Iwata, Sara Tortorella, Takuya Matsumoto
          High spatial resolution multimodal imaging by tapping-mode scanning probe electrospray ionization
          24 hours of international mass spectrometry imaging
          2020/11/19 (online)

      2019

        • Chemical Control of Resonant Tunneling Conduction through Ruthenium Complexes
          Takuya Matsumoto
          The 27th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy
          December 5-7, 2019, Hotel Laforest Shuzenji, Shizuoka, Japan
        • Takuya Matsumoto
          Resonant Tunneling Conduction through Ruthenium Complexes for Neuromorphic Nano-Molecular Systems
          The 4th International Symposium “Elucidation of Property of Nest Generation Functional Materials and Surface/Interface”
          December 9-10, 2019, Osaka University, Osaka, Japan
        • Takuya Matsumoto
          Resonant tunneling conduction through ruthenium complexese for neuromorphic nano-molecular system.
          International Symposium for Neuromorphic Hardware Research
          December 11-12, 2019, Active Resorts Fukuoka Yahata, Fukuoka, Japan
        • Jiannan Bao, Yoichi Otsuka, Yuki Usami, Takuya Matsumoto
          Amplification of Photoinduced Generation-Recombination Noise in Patterned Self-Doped Polyaniline
          International Conference on Advanced Nano Materials
          17-19 July 2019, University of Aveiro, Portugal
        • Yoichi Otsuka, Satoshi Nishijima, Leo Sakamoto, Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Tomoki Misaka, Hiroshi Ohoyama,Takuya Matsumoto
          Chemical Control of Electronic Coupling between Ruthenium Complex and Gold Electrode for Resonant Tunneling Conduction
          International Conference on Advanced Nano Materials
          17-19 July 2019, University of Aveiro, Portugal
        • Yuki Usami, Akihiro Saitoh, Yoichi Otsuka and Takuya Matsumoto
          Network-based Molecular Electronics: Neuromorphic Functions
          International Conference on Advanced Nano Materials
          17-19 July 2019, University of Aveiro, Portugal
        • Leo Sakamoto, Yoichi Otsuka, Satoshi Nishijima, Hiroshi Ohoyama, and Takuya Matsumoto
          Nonlinear electrical properties of Ru complex using AuNP bridge junction
          International Conference on Advanced Nano Materials
          17-19 July 2019, University of Aveiro, Portugal
        • Sampling and Ionization Process in Scanning Probe Electrospray Ionization
          Y. Otsuka, B. Kamihoriuchi, A. Takeuchi, F. Iwata, T. Matsumoto
          The 67th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics
          2019/6/6 、Georgia World Congress Center, USA
        • Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Yoichi Otsuka, Ohoyama Hiroshi, Takuya Matsumoto
          Charge tracking in organic thin films by time-resolved electrostatic force microscopy
          June 25-27, 2019, 10th International Conrerence on Molecular Electronics & Bioelectronics (M&Be)
          Nara Kasugano Intl. Forum, Nara, Japan
        • Yuki Usami1, Bram van de Ven, Dilu Mathew, Tao Chen, Yoichi Otsuka, Wilfred van der Wiel, Takuya Matsumoto
          Proton conduction of self-doped polyaniline network
          June 25-27, 2019, 10th International Conrerence on Molecular Electronics & Bioelectronics (M&Be)
          Nara Kasugano Intl. Forum, Nara, Japan
        • Tomoki Misaka, Masaya Yamada, Yoichi Otsuka, Takuya Matsumoto
          Effect of surface treatment on photo-induced charge accumulation at Au-nanoparticle/TiO2 interface
          June 25-27, 2019, 10th International Conrerence on Molecular Electronics & Bioelectronics (M&Be)
          Nara Kasugano Intl. Forum, Nara, Japan

      2018

        • Yuki Usami, Chiyo Fukumaru, Yoichi Otsuka, Yasuhisa Naitoh, Takuya Matsumoto
          Conjugated electrical properties of Au nanoparticles-polyaniline networks
          ACSIN14 & ICSPM26
          November 23, 2018, Sendai, Japan
        • M. Yamada, K. Araki, Y. Otsuka, T. Matsumoto
          Probing charge separation between Au-nanoparticles and dye molecules by Kelvin force microscopy
          ACSIN14 & ICSPM26
          November 24, 2018, Sendai, Japan
        • Takuya Matsumoto, Kento Araki1, Kentaro Kajimoto
          Time-resolved Electrostatic Force Microscopy by Tip-Synchronized Excitation
          The 21st International conference on non-contact atomic fore microscopy
          September 17-2, 2018, Porvoo Finland
        • K. Kajimoto, K. Araki, Y. Otsuka, H. Oyama, T. Matsumoto
          Time-resolved EFM of charge diffusion in Organic FET with microsecond resolution
          International Conference on Nanoscience and Technology (ICN+T)
          July 23, 2018, Brno, Czech Republic
        • K. Araki, Y. Ie, Y. Aso, H. Oyama, T. Matsumoto
          Microscone time-resolved electrostatic force microscopy for probing photo-excited darrier dynamics
          International Conference on Nanoscience and Technology (ICN+T)
          July 23, 2018, Brno, Czech Republic
        • T. Muramatsu, Y. Otsuka, H. Ozawa, M.A. Haga, T. Matsumoto
          Current hysteresis of Ru dinuclear complex investigated by conductive probe atomic force microscopy
          International Conference on Nanoscience and Technology (ICN+T)
          July 23, 2018, Brno, Czech Republic
        • M. Yamada, K. Araki1, Y. Otsuka1, T. Matsumoto
          Probing charge separation between Au-nanoparticles and dye molecules by Kelvin force microscopy
          International Conference on Nanoscience and Technology (ICN+T)
          July 23, 2018, Brno, Czech Republic
        • K. Araki, Y. Ie, Y. Aso, H. Ohyama and T. Matsumoto
          Time-resolved Electrostatic Force Microscopy of surface charges Generated by Tip-Synchronized Photoexcitation
          The 3rd International Symposium on “Recent Trends in the Elucidation and Function Discovery of Next Generation Functional Materials of Surface / Interface Properties”
          June 18, 2018, Osaka University, Japan
        • Y. Otsuka, B. Kamihoriuchi, A. Takeuchi, F. Iwata, T. Matsumoto, Feedback Control System for the Advanced Tapping Mode Scanning Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry (t- SPESI-MS), ACSIN14&ICSPM26, Oral presentation, 2018/11/23, 仙台国際会議場
        • Y. Otsuka, B. Kamihoriuchi, A. Takeuchi, F. Iwata, T. Matsumoto, Development of the feedback control system for the advanced tapping mode scanning probe electrospray ionization (t-SPESI), XXII International Mass Spectrometry Conference, Oral presentation, 2018/8/27, Fortezza da Basso, Florence, Italy
        • B. Kamihoriuchi, Y. Otsuka, A. Takeuchi, F. Iwata, T. Matsumoto, The dynamic behavior of nano liquid bridge during ambient sampling ionization in scanning probe electrospray ionization mass spectrometry, XXII International Mass Spectrometry Conference, Poster presentation, 2018/8/27, Fortezza da Basso, Florence, Italy
        • Y. Otsuka, B. Kamihoriuchi, A. Takeuchi, F. Iwata, T. Matsumoto, Molecular mass imaging: electrospray ionization meets scanning probe microscopy (ESI-SPM), International Conference on Nanoscience + Technology (ICN+T), Oral presentation, 2018/7/23, BVV Trade Fairs, Brno, Czech Republic

       

      2017

        • K. Kajimoto, K. Araki, S. Nishijima, M. Yamada, Y. Otsuka, T. Matsumoto
          The effect of self-assembled monolayer on surface potential of N719 over layer
          The 25th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM25)
          December 8, 2017 Shizuoka, Japan
        • K. Araki, Y. Ie, Y. Aso, H. Ohyama, T. Matsumoto
          Time-resolved electrostatic force microscopy by tip-synchronized photo-excitation
          The 25th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM25)
          December 8, 2017 Shizuoka, Japan
        • K. Araki1, Y. Ie, Y. Aso, H. Ohyama and T. Matsumoto
          Time-resolved Electrostatic Force Microscopy by Tip-Synchronized Excitation
          The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8)
          October 24, 2017, Tsukuba, Japan
        • Y. Otsuka, T. Muramatsu, T. Takagi, O. Ozawa, M. Haga, T. Matsumoto
          Nonlinear electrical properties of Ru dinuclear complex monolayer by point-contact current-imaging AFM (PCI-AFM)
          The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8)
          October 26, 2017, Tsukuba, Japan
        • Imaging of photo-excited charges using micro–second time-resolved electrostatic force microscopy
          Interface Properties in Organic Electronics (IPOE2017)
          Kento Araki, Yutaka Ie,
          July 10–13, 2017 Cergy-Pontoise, France
        • Conjugated Electrical Properties of Au Nanoparticles-Polyaniline Network
          Yuki Usami, Yoichi Otsuka, Yasuhisa Naitoh, Takuya Matsumoto
          Interface Properties in Organic Electronics (IPOE2017)
          July 10–13, 2017 Cergy-Pontoise, France
        • Yoichi Otsuka, Hiroaki Ozawa, Masa-Aki Haga, Takuya Matsumoto
          Nonlinear electrical properties of dinuclear ruthenium complex monolayer by conductive probe atomic force microscopy
          Interface Properties in Organic Electronics (IPOE2017)
          July 10–13, 2017 Cergy-Pontoise, France
        • Yuki Usami, Yoichi Otsuka, Yasuhisa Naitoh, Takuya Matsumoto
          Conjucated electrical properties of Au Nanoparticles-Polyaniline Network
          Workshop on Molecular architectonics: Toward realization of neuromorphic computing by nanomaterials
          June 30, 2017 Osaka University, Osaka, Japan
        • Satoshi Nishijima, Yoich Otsuka, Takuya Matsumoto
          Non-kubear I-V characteristics of Ru complex layers with a double junction nanogap electrode
          Workshop on Molecular architectonics: Toward realization of neuromorphic computing by nanomaterials
          June 30, 2017 Osaka University, Osaka, Japan
        • M. Yamada, K. Araki, Y. Otsuka, T. Matsumoto
          Probing electronic alignent between organic dy molecule and gold film interface by Kelvin probe force microscopy
          Workshop on Molecular architectonics: Toward realization of neuromorphic computing by nanomaterials
          June 30, 2017 Osaka University, Osaka, Japan
        • K. Araki, Y. Ie, Y.Aso, H. Oyama, T. Matsumoto
          Micro-second time resolved electrostatic force microscopy
          Workshop on Molecular architectonics: Toward realization of neuromorphic computing by nanomaterials
          June 30, 2017 Osaka University, Osaka, Japan
        • Takuya Matsumoto
          Network-based molecular electronics
          9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9)
          June 26-28, 2017 Ishikawa Ongakudo, Knazawa Japan
        • Satoshi Nishijima, Yoichi Otsuka, Takuya Matsumoto
          Non-linear I-V Characteristics of Ru Complex Layers with a Double Junction Nanogap Electrode
          9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9)
          June 26-28, 2017 Ishikawa Ongakudo, Knazawa Japan
        • Yuki Usami1, Yoichi Otsuka1, Yasuhisa Naitoh2, Takuya Matsumoto1
          Conjugated Electrical Properties of Au Nanoparticles-Polyaniline Network
          9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9)
          June 26-28, 2017 Ishikawa Ongakudo, Knazawa Japan
        • P. K. Paul, D.-C. Che, H. Kishimoto, K. Araki, T. Matsumoto
          Cytochrome c/DNA co-assembling at air-water interface
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January24-25 (1/24), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • K. Araki, Y. Ie, Y. Aso, H. Oyama, T. Matsumoto
          Time-resolved charge mapping for organic solar cell by Electrostatic Force Microscope
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January24-25 (1/24), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • Y. Usami, Y. Otsuka, Y. Naitoh, T. Matsumoto
          Electric properties of multi-channel molecular devices by self-doped polyanilin
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January 24-25 (1/24), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • M. Yamada, N. Tange, Y. Otsuka, T. Matsumoto
          Probing electronic alignment between organic dye molecule and gold film interface by Kelvin probe force microscope
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January 24-25 (1/24), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • Ai Maehira, D.-C. Che, A. Shimouchi, M. Sawano, T. Matsumoto
          Dissimilar surface properties of Hemoglobin combined with O2 and C
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January 24-25 (1/25), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • S. Nishijima, Y. Otsuka, T. Matsumoto
          Non-linear I-V characteristics of Ru complex layers with a double junction nanogap electrode
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January 24-25 (1/25), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • T. Takagi, Y. Otsuka, H. Ozawa, M. Haga, T. Matsumoto
          Nanoscale Electrical Measurement of Ru Binuclear Complex by Conductive
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January 24-25 (1/25), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • R. Etou, Y. Otsuka, F. Iwata, T. Matsumoto
          Patterning of Nanomaterials with Charged Nanovolume Solution
          “Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai-” (SSSN-Kansai)
          January 24-25 (1/25), 2017, Kyoto City International House (Kyoto, Japan)
        • Takuya Matsumoto
          Nonlinear Electric Transport in protein/DNA networks for Stochastic Computing
          Second International Conference on Material Science (ICMS-2017)
          February 16 -18 (2/16), 2017 Tripura University (Tripura, India)
        • T. Takagi, Y. Otsuka, H. Ozawa, M. Haga, T. Matsumoto
          Nonlinear Electrical Properties of Ru Binuclear Complex Monolayer by Conductive Probe AFM
          the 19th International Scanning Probe Microscopy Conference, Kyoto 2017
          May 16-19 (5/17), 2017 Kyoto International Community House (Kyoto. Japan)
        • M. Yamada, K. Araki, Y. Otsuka, T. Matsumoto
          Probing Electronic Alignment between Organic Dye Molecule and Gold Film Interface by Kelvin Probe Force Microscopy
          the 19th International Scanning Probe Microscopy Conference, Kyoto 2017
          May 16-19 (5/17), 2017 Kyoto International Community House(Kyoto. Japan)
        • K. Araki, Y. Ie, Y. Aso, H. Oyama, T. Matsumoto
          Micro-second Time-resolved Electrostatic Force Microscopy
          the 19th International Scanning Probe Microscopy Conference, Kyoto 2017
          May 16-19 (5/19), 2017 Kyoto International Community House (Kyoto, Japan)
        • Y. Otsuka, K. Kobayashi, T. Kohigashi, R. Arakawa, T. Matsumoto
          Scanning Probe Electrospray Ionization (SPESI) for Surface Chemical Analysis – the Fast Derivatization of Steroid
          19th International Scanning Probe Microscopy Conference, Kyoto 2017
          May 16-19 (5/19), 2017 Kyoto International Community House (Kyoto. Japan)
        • Kento Araki, Yutaka Ie, Yoshio Aso, Hiroshi Ohyama, Takuya Matsumoto
          Time-resolved Electrostatic Force Microscopy of photo-induced surface charge on organic solar cell
          The 2nd International Symposium on “Recent Trends in Analysis Techniques for Funtional Materials and Devices”
          January 17-19, 2017, Osaka University (Toyonaka, Japan)

       

      2016

        • Pabitra Kumar Paul, Dock-Chil Che, Kishimoto Hiroyuki, Kento Araki, Takuya Matsumoto
          Cytochrome c/DNA co-assembling at air-water interface
          The sixteenth international conference devoted to organized molecular films and nanostructures (ICOMF16)
          July 25-29(7/28),2016, the University of Helsinki (Helsinki, Finland)
        • Yoichi Otsuka,Harumasa Yamaguchi, Saki Sumida, Riko Etoh, Hiroshi Ohyama, Dock-Chil Che,Takuya Matsumoto
          Nonlinear electric properties of biological molecular networks in nanoscale
          The sixteenth international conference devoted to organized molecular films and nanostructures (ICOMF16)
          July 25-29(7/28),2016, the University of Helsinki (Helsinki, Finland)
        • Satoshi Nishijima, Yoichi Ostuka, Takuya Matsumoto
          Conductance enhancement at metal / molecule interface of double junctioned molecular device
          The sixteenth international conference devoted to organized molecular films and nanostructures (ICOMF16)
          July 25-29(7/28),2016, the University of Helsinki (Helsinki, Finland)
        • Ai Maehira, Dock-Chil Che, Akito Shimouchi, Makoto Sawamo, Takuya Matsumoto
          Dissimilar surface properties of Hemoglobin combined with O2 and CO
          The sixteenth international conference devoted to organized molecular films and nanostructures (ICOMF16)
          July 25-29(7/27),2016, the University of Helsinki (Helsinki, Finland)
        • H. Kishimoto, H. Yamaguchi, D.-C. Che,, H. Ohoyama, I. Nakamura, R. Tsunashima, T.Matsumoto
          Conduction via LUMO of huge ring polyoxometalate
          The sixteenth international conference devoted to organized molecular films and nanostructures (ICOMF16)
          July 25-29(7/28),2016, the University of Helsinki (Helsinki, Finland)

       

      2015

        • Takuya Matsumoto, Haruka Matsuo, Yoshiaki Hirano
          Nonlinear Electric Transport in Macromolecular System
          The 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015)
          December 1-4(12/4), 2015, 香港城市大学(Hong Kong, China)
        • Harumasa Yamaguchi,Dock-Chil Che, Takuya Matsumoto
          Nanoscale charge transport of DNA supramolecular networksThe International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015)
          December 15 – 20, 2015(12/17) the Hawaii Convention Center and Hotels (Honolulu, Hawaii, USA)
        • Saki Sumida,Dock-Chil Che, Takuya Matsumoto
          Two-step tunneling conduction through a single cytochrome c3 molecule
          The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015)
          December 15 – 20, 2015(12/17) the Hawaii Convention Center and Hotels (Honolulu, Hawaii, USA)
        • Kento Araki, Yutaka Ie, Yoshio Aso, Takuya Matsumoto
          Imaging of electrostatic potential in organic photovoltaic thin film
          The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015)
          December 15 – 20, 2015(12/17) the Hawaii Convention Center and Hotels (Honolulu, Hawaii, USA)
        • Takuya Matsumoto
          Stochastic resonance in molecular network systems
          The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015)
          December 15 – 20, 2015(12/15) the Hawaii Convention Center and Hotels (Honolulu, Hawaii, USA)
        • Takuya Matsumoto
          Stochastic Resonance in Nano-scale Charge Transport of DNA supramolecular networks
          International Workshop on Molecular Architectonics 2015 (IWMA2015)
          August 3-6(8/5), 2015, Shiretoko Grand Hotel Kita Kobushi (Sharigun, Hokkaido)
        • Harumasa Yamaguchi, *Youichi Otsuka, Takuya Matsumoto
          Nanoscale I-V characteristics of DNA-templated molecular networks
          International Workshop on Molecular Architectonics 2015 (IWMA2015)
          August 3-6(8/5), 2015, Shiretoko Grand Hotel Kita Kobushi (Sharigun, Hokkaido)
        • Takuya Matsumoto
          Nano-scale charge transport of DNA supramolecular networks
          The 14th European Conference on Organised Films (ECOF14)
          June 29 – July 2(7/2), 2015, University of Genova (Genova ,Italy)
        • Yuki Usami
          Electric properties of self-doped polyaniline nanofiber
          The 14th European Conference on Organised Films (ECOF14)
          June 29 – July 2(6/30), 2015, University of Genova (Genova ,Italy)
        • Dock-Chil Che
          Two-Step Tunneling Conduction through a Single Cytochrome c3 Molecule
          The 14th European Conference on Organised Films (ECOF14)
          June 29 – July 2(6/30), 2015, University of Genova (Genova ,Italy)
        • Hiroyuki Kishimoto, Harumasa Yamaguchi, D.-C. Che, Ippei Nakamura, Ryo Tsunashima, Takuya Matsumoto
          Nanostructure and transport properties of {Mo154/152}-ring network
          The 14th European Conference on Organised Films (ECOF14)
          June 29 – July 2(6/30), 2015, University of Genova (Genova ,Italy)

       

      2014

        • S. Sumida, H. Matsuo, D.-C. Che, T. Matsumoto
          Non-linear I-V characteristics of single molecules probed by conductive-AFM
          The 7th International Symposium on Surface Science (ISSS-7)
          November 2-6(11/5), 2014, Shimane Prefectural Convention Center, (Kunibiki Messe) (Matsue, Shimane)
        • H. Yamaguchi, D.-C. Che, Y. Hirano, T. Matsumoto
          Nano-scale I-V characteristics of redox-active molecules and DNA networks
          The 7th International Symposium on Surface Science (ISSS-7)
          November 2-6(11/5), 2014, Shimane Prefectural Convention Center, (Kunibiki Messe) (Matsue, Shimane)
        • Yoshiaki Hirano, Takuya Matsumoto
          Stochastic Resonance in Electric Conduction through Nano-scale Molecular Network
          16th International Conference on Thin Films (ITCF16)
          October 13-16 (10/13), 2014, Hotel Libertas Rixos (Dubrovnik, Croatia)

      2013

        • Y. Hirano, Y. Segawa, T. Kawai, T. Matsumoto
          Stochastic Resonance in Cytochrome c Redox Circuit
          12th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces
          and Nanostructures(ACSIN-12) & 21st International Colloquium on Scanning
          Probe Microscopy (ICSPM21)
          November 4 – 8(11/7),2013 Tsukuba International Congress Center, (Tsukuba, Japan)
        • Yusuke Matsuura,Hiroshi Ohoyama
          Collision–Induced Harpooning Observed in the Excimer Formation
          in the Oriented NF3 + Oriented Kr* (3P2, MJ = 2) Reaction
          International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of
          the Chemical Society of Japan
          September 28-30 (9/28) 2013,the Tohoku University (Sendai, Japan)
        • Takuya Matsumoto
          Stochastic Resonance in a Molecular Redox Circuit
          International Conference on Nanoenergy: Theory and Applications
          (Nanoenergy 2013)
          July 10-13 (7/12) 2013,the Hotel Giò (Perugia, Italy)
        • Takuya Matsumoto
          Noise-induced stochastic enhancement for a device basedon
          redox-active huge molecule and DNA network
          International Conference on Material Science (ICMS-2013)
          February 21-23 (2/21) 2013 Tripura University (Tripura, India)

      2012

        • Takuya Matsumoto
          Redox-Active Huge Molecular Network Exhibiting Noise-Induced
          Stochastic Enhancement
          International Union of Materials Research Societies –International
          Conference on Electronic Materials 2012 (IUMRS-ICEM 2012)
          September23-28 (9/24) 2012 PACIFICO YOKOHAMA (Yukohama Japan)
        • Y. Hiranoa, Y. Segswa, T. Kuroda-Sowa, T. Kawai, T. Matsumoto
          Mn12 molecular redox array showing one-dimensional
          Coulomb blockade behavior, and signal detection of stochastic resonance
          Asia Conference on Nanoscience and Nanotechnology 2012(Asia NANO
          2012)
          September 7-10 (9/9) 2012
          Crowne Plaza Lijiang Ancient Town (Lijiang, Yunnan, China)
        • Takuya Matsumoto
          Redox-Active Huge Molecular Network Exhibiting Noise-Induced
          Stochastic Enhancement
          Asia Conference on Nanoscience and Nanotechnology 2012(Asia NANO
          2012)
          September 7-10 (9/9) 2012
          Crowne Plaza Lijiang Ancient Town (Lijiang, Yunnan, China)
        • Y. Hirano, Y. Segawa, T. Kuroda-Sowa, T. Kawai, T. Matsumoto
          Mn12 molecular redox array exhibiting one-dimensional
          Coulomb blockade behavior, and noise-induced entrainment and stochastic
          resonance
          14th International Conference on Organized Molecular Films
          (ICOMF14) – LB14
          July 10-13 (7/13) 2012
          Le centre universitaire des Saints Pères, Saint Germain des Prés (France Paris)
        • Y. Hirano, K. Ojima, Y. Miyake, T. Kawai, T. Matsumoto
          Emergence of High Density DNA Origami Network by Dewetting with a
          Binary Solvent
          14th International Conference on Organized Molecular Films
          (ICOMF14) – LB14
          July 10-13 (7/13) 2012
          Le centre universitaire des Saints Pères, Saint Germain des Prés (France Paris)
        • Takuya Matsumoto, Tomoji Kawai
          Current Path Imaging of Molecular Nanomaterials
          14th International Conference on Organized Molecular Films
          (ICOMF14) – LB14
          July 10-13 (7/13) 2012
          Le centre universitaire des Saints Pères, Saint Germain des Prés (France Paris)
        • Takuya Matsumoto
          Noise-Induced Stochastic Enhancement for a Device Based on
          Cytochrome c and DNA Network
          Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) 2012
          (CCMR2012)
          June 25-29 (6/25) 2012 Seoul Palace (Korea Seoul)
        • T. Matsumoto, Y. Hirano, Y. Segawa, T. Kawai
          Noise-Induced Stochastic Enhancement for a Device Based on
          Redox-Active Huge Moleculeand DNA Nanonetwork
          2012 7th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro
          Engineered and Molecular Systems (IEEE NEMS 2012)
          March 5 – 8(3/6) 2012 Kyoto University (Kyoto Japan)

      2011

        • Y. Maeda, T. Matsumoto, T. Kawai
          Imaging of Transverse Electron Transfer through DNA Molecule by
          Simultaneous Scanning Tunneling and Frequency-Modulation Microscopy
          19th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy
          (ICSPM19)
          December 19-21(12/20) 2011 Toyako Manseikaku, (Hokkaido, Japan)
        • T.Matsumoto
          Electric properties of low-dimensional Coulomb blockade array using
          manganese complex and cytochrome c, and noise-induced stochastic resonance
          International Symposium on Surface Science (ISSS-6)
          December 11-15(12/14) 2011 Tower Hall Funabori Funabori, Tokyo,
          Japan
        • T. Matsumoto, Y. Hirano, Y. Segawa, T.Kawai,
          Noise-induced Stochastic Enhancement for a Device based on
          Redox-active Huge Molecule and DNA Nanonetwork
          MNC 2011, 24th International Microprocesses and Nanotechnology
          Conference
          October 24-27(10/26) 2011 ANA Hotel Kyoto, (Kyoto, Japan)
        • T. Matsumoto; Y. Segawa; Y. Miyake; Y. Hirano; T. Kawai
          Noise-induced entrainment and stochastic resonance for a device based on cytochrome c and DNA nanonetwork
          International Symposium on Engineering Neo-Biomimetics II – Soft Nanomaterials and Soft Robotics
          February 25-26 (2/25),2011 (Tsukuba, Ibaraki, Japan) National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
        • Takuya Matsumoto, Toshi Kawahara, Tomoji Kawai
          Molecule Recognition Imaging by Frequency Shift Detection in Liquid
          Pittcon 2011
          Mar.11-18 (3/16),2011 (Georgia World Congress Center Atlanta, Georgia U.S.A.)
        • T. Matsumoto, Yoshiaki Hirano, Y. Segawa, Y. Miyake, T. Kawai
          Noise-induced entrainment and stochastic resonance for a neuro-device based on cytochrome c and DNA nanonetwork
          Sixth international conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE6)
          March 16-18 (3/17), 2011 (Miyagi, Sendai, Japan) Sendai International Center,
        • Y. Hirano, Y. Segawa, T. Asai, T. Kawai,T. Matsumoto
          Electric properties of low-dimensional Coulomb blockade array using manganese complex, and noise-induced entrainment and stochastic resonance
          12th European Conference on Organized Films (ECOF12)
          July 17-20 (7/19) 2011 Sheffield Hallam University (Sheffield UK)
        • Y. Hirano, Y. Miyake, T. Kawai, T. Matsumoto
          Control of network formation of DNA origami and λ-DNA species :Emergent one-pot processes utilizing binary solvent
          12th European Conference on Organized Films (ECOF12)
          July 17-20 (7/20) 2011 Sheffield Hallam University (Sheffield UK)
        • T. Matsumoto, Y. Hirano, Y. Segawa, T. Kawai
          Noise-induced stochastic enhancement for a device based on cytochrome c and DNA nanonetwork
          12th European Conference on Organized Films (ECOF12)
          July 17-20 (7/20) 2011 Sheffield Hallam University (Sheffield UK)

      2010

        • Takuya Matsumoto
          “Nanotester : Imaging the Current Pathway of Soft Materials”
          Germany / Japan , 1st Workshop on “Nanoanalytics”, February 15, 2010 (Osaka).
        • Takuya Matsumoto
          “Stochastic resonance emerging on Coulomb blockade network induced by redox-active biomolecular arrays”
          The 6th International Symposium on Organic Molecular Electronics (ISOME2010), June 10-11, 2010 (Chiba).
        • Takuya Matsumoto, Yuji Segawa, Yusuke Miyake, Yoshiaki Hirano, Tomoji Kawai
          Noise-Induced Entrainment and Stochastic Resonance Based on the Device of Cytochrome c and DNA Binary System
          13th International Conference on Organized Molecular Films (LB13)
          July 18-21(7/19), 2010,Université Laval (Quebec City, Canada)
        • Takuya Matsumoto, Yuji Segawa, Yusuke Miyake, Yoshiaki Hirano, Tomoji Kawai
          Stochastic Resonance Emerging on Coulomb Blockade Network Induced on Self-Assembled Redox-Active Biomolecular Arrays
          13th International Conference on Organized Molecular Films (LB13)
          July 18-21(7/19,20), 2010 (Quebec City, Canada) POSTER
        • Yoshiaki Hirano, Yusuke Miyake, Yuji Segawa, Takuya Matsumoto, Tomoji Kawai
          Control of Network Formation of DNA Origami and l-DNA Utilizing Binary Solvent
          13th International Conference on Organized Molecular Films (LB13)
          July 18-21(7/19,20), 2010 (Quebec City, Canada) POSTER
        • T. Matsumoto, Y. Segawa, Y. Miyake, Y. Hirano, T. Kawai
          “Noise-induced entrainment and stochastic resonance for a device based on cytochrome c and DNA nanonetwork”
          5th International Meeting on Molecular Electronics [ElecMol’10]
          Dec.6-10(12/10), 2010 (Grenoble, France)
        • T. Matsumotoa, Y. Otsukaa, H. Tanakab, T. Ogawab, R. Tsunashimac, T. Akutagawac, T. Nakamurac, T. Kawaia
          Current Path Imaging of Soft Nanomaterials
          5th International Meeting on Molecular Electronics [ElecMol’10]
          Dec.6-10(12/9), 2010 (Grenoble, France)
        • T. Matsumoto, Y. Hirano, Y. Miyake, Y. Segawa, T. Kawai
          Control of Network Formation of DNA Origami and λ-DNA:Emergent One-pot Processes Utilizing Binary Solvent
          5th International Meeting on Molecular Electronics [ElecMol’10]
          Dec.6-10(12/9), 2010 (Grenoble, France)
        • Y. Hirano; Y. Miyake; Y. Segawa; T. Matsumoto; T. Kawai
          Noise-induced entrainment and stochastic resonance based on the device of cytochrome c and lambda DNA binary system
          The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
          Dec.15-20(12/16),2010, (Honolulu, Hawaii, USA) Hawaii Convention Center
        • Y. Miyake; Y. Hirano; Y. Segawa; T. Matsumoto; T. Kawai
          Incorporation of gold nano particle into cytochrome c / DNA network for biomolecular device
          The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
          Dec.15-20(12/17), 2010 (Honolulu, Hawaii, USA)
        • T. Matsumoto; Y. Segawa; Y. Miyake; Y. Hirano; T. Kawai
          Stochastic resonance emerging on coulomb blockade network induced on self-assembled redox-active biomolecular arrays
          The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
          Dec.15-20(12/19), 2010 (Honolulu, Hawaii, USA)

      PAGE TOP

      一般講演(国内)Contributed lecture(Domestic)

      2021

      • 宇佐美 雄生、ファンデルヴィエール ウィルフレッド、松本 卓也、田中 啓文
        自己ドープ型ポリアニリンを用いた電気化学的物理リザバーの演算機能創製
        第68回応用物理学会春季学術講演会
        2021/3/17 オンライン開催
      • 塚原 由裕、Bao Jiannan、大山 浩、大塚 洋一、松本 卓也
        導電性高分子の細線による非線形電気特性
        第68回応用物理学会春季学術講演会
        2021/3/17 オンライン開催

      2020

      • 三坂 朝基、梶本 健太郎、荒木 健人、鄭 名期、松本 卓也
        振幅変調距離制御下における周波数変調EFM,KPFM測定
        2020年度関西薄膜・表面物理セミナー
        2020/11/28 オンライン開催
      • 中島 剛志、三坂 朝基、宇佐美 雄生、大塚 洋一、大山 浩、松本 卓也
        気相からの金ドーピングによるPCBM薄膜のコンダクタンス増加
        2020年度関西薄膜・表面物理セミナー
        2020/11/27 オンライン開催
      • 後藤 崇浩、村松 拓実、蔡 徳七、大山 浩、松本 卓也
        AFM による{Mo154/152}-ring 単分子膜の電気伝導度計測
        2020年度関西薄膜・表面物理セミナー
        2020/11/27 オンライン開催
      • 川嶋 悠哉、宇佐美 雄生、琴岡 匠、田中 啓文、松本 卓也
        物理リザバーに向けたポリアニリン-金微粒子ランダムネットワークの構築
        2020年日本表面真空学会学術講演会
        2020/11/21サンポートホール高松(香川県高松市) オンライン開催
      • 中島 剛志、三坂 朝基、宇佐美 雄生、大塚 洋一、大山 浩、松本 卓也
        気相からの金ドーピングによるPCBM薄膜のコンダクタンス増加
        2020年日本表面真空学会学術講演会
        2020/11/21 サンポートホール高松(香川県高松市) オンライン開催
      • Bao Jiannan、大塚 洋一、松本 卓也
        Homogenous chemical composition of self-doped polyaniline nano-thickness line patterns by fountain-pen lithography
        2020年日本表面真空学会学術講演会
        2020/11/21 サンポートホール高松(香川県高松市) オンライン開催
      • 糸井 祐人、大塚 洋一、竹内 彩、宮下 正弘、松本 卓也
        ピコリットル固液界面場を用いたペプチドのオンサイト誘導体化質量分析法
        2020年日本表面真空学会学術講演会
        2020/11/20 サンポートホール高松(香川県高松市) オンライン開催
      • 寺田 光 寺田 光、大塚 洋一、加地 範匡、松本 卓也
        タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法を用いた1細胞質量分析イメージング
        2020年日本表面真空学会学術講演会
        2020/11/20 サンポートホール高松(香川県高松市) オンライン開催
      • 長谷川 哲、大塚 洋一、上堀内 武尉、糸井 祐人、寺田 光、松本 卓也
        リン脂質添加ナノ液架橋の破断過程のフォースカーブ/マススペクトル同時計測
        2020年日本表面真空学会学術講演会
        2020/11/20 サンポートホール高松(香川県高松市) オンライン開催
      • 宇佐美 雄⽣、川嶋 悠哉、福丸 知世、三坂 朝基、琴岡 匠、⼤塚 洋⼀、内藤 泰久、⼤⼭ 浩、⽥中 啓⽂
        脳神経型情報処理を⽬指した⾮線形電⼦物性を有する分⼦ネットワークの化学的構築
        2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会
        2020/9/10 同志社大学(京都府京都市)オンライン開催
      • 後藤 崇浩、村松 拓実、蔡 徳七、松本 卓也
        AFMによる{Mo154/152}-ring⾃⼰組織化単分⼦膜の電気伝導度計測
        2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会
        2020/9/10 同志社大学(京都府京都市) オンライン開催
      • ⼤塚 洋⼀、 新間 秀⼀、宮脇 ⼤、⽊岡 秀隆、⼤⾕ 朋仁、坂⽥ 泰史、松本 卓也
        ⾛査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法によるヒト⼼臓組織の局在性脂質イメージング
        2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会
        2020/9/10 同志社大学(京都府京都市)オンライン開催
      • 三坂 朝基、梶本 健太郎、荒⽊ 健⼈、松本 卓也
        振幅変調距離制御下における周波数変調静電気⼒検出によるKPFM測定
        2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会
        2020/9/10 同志社大学(京都府京都市) オンライン開催
      • ⼤塚 洋⼀
        ピコリットル液体を活⽤した細胞・組織の質量分析イメージング
        2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会
        2020/9/9 同志社大学(京都府京都市)オンライン開催
      • 梶本 健太郎、荒⽊ 健⼈、宇佐美 雄⽣、⼤⼭ 浩、松本 卓也
        探針同期時間分解静電気⼒顕微鏡による導電性⾼分⼦内の電荷追跡
        2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会
        2020/9/9 同志社大学(京都府京都市)オンライン開催
      • 糸井祐人、大塚洋一、竹内彩、上堀内武尉、宮下正弘 、松本卓也
        タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)によるペプチドのオンライン誘導体化反応
        第68回質量分析総合討論会
        グランキューブ大阪(大阪府大阪市) みなし開催
      • Local field induced current noise in shape limited self doped polyaniline
        Jiannan Bao, Yoichi Otsuka, Etoh Riko, Yuki Usami, Takuya Matsumoto
        第11回分子アーキテクトニクス研究会
        2020年7月23-24日,オンライン
      • 時間分解静電気力顕微鏡による分子膜内への電荷注入・排出の可視化
        梶本 健太郎, 荒木 健人, 宇佐美 雄生, 大山 浩, 松本卓也
        第11回分子アーキテクトニクス研究会
        2020年7月23-24日,オンライン
      • 非線形電子物性を有する分子ネットワークの化学的構築と情報処理への応用
        宇佐美雄生, 川嶋悠哉, 福丸知世, 三坂朝基, 琴岡匠, 大塚洋一, 内藤泰久, 大山浩, 田中啓文, 松本卓也
        第11回分子アーキテクトニクス研究会
        2020年7月23-24日,オンライン
      • Ru 二核錯体を介した非線形電気伝導特性のスルーレート効果
        大塚 洋一, 村松 拓実, 小澤 寛晃, 芳賀 正明, 松本 卓也
        第11回分子アーキテクトニクス研究会
        2020年7月23-24日,オンライン
      • ピコリットル液体を活用した生体組織切片の質量分析イメージング
        大塚洋一
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月14日、上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法 (t-SPESI)を用いたペプチド迅速誘導体化反応
        竹内 彩、大塚 洋一、上堀内 武尉、宮下 正弘、松本 卓也
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月15日、上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • ピコリットル液体のフォースカーブ計測による脂質膜の力学特性
        上堀内 武尉、大塚 洋一、竹内 彩、松本 卓也
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月15日、上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • 非線形電子物性を有する分子ネットワークの化学的構築
        宇佐美 雄生、福丸 知世、三坂 朝基、大塚 洋一、内藤 泰久、松本 卓也
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月13日、上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • Ru二核錯体を介した非線形電気伝導特性のスルーレート効果
        村松 拓実、大塚 洋一、小澤 寛晃、芳賀 正明、松本 卓也
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月12日 上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • 金微粒子/Ru錯体/TiO2界面におけるプラズモン励起電荷分離の画像化
        三坂 朝基、山田 将也、大塚 洋一、松本 卓也
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月12日、上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • リザーバコンピューティングを目指した非線形分子ネットワークの構築
        川嶋 悠哉、宇佐美 雄生、大塚 洋一、内藤 泰久、松本 卓也
        第67回応用物理学会春期学術講演会
        2020年3月12日、上智大学四谷キャンパス(東京都)
      • タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)を用いたペプチド迅速誘導体化反応の検討
        竹内彩、大塚洋一、上堀内武尉、宮下正弘、松本卓也
        日本化学会第100回春期年会
        2020年3月22日、東京理科大学野田キャンパス(野田市)
      • 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法を用いた生体組織の分子夾雑情報の可視化
        大塚 洋一、上堀内 武尉、竹内 彩、新間秀一、宮脇 大、木岡 秀隆、大谷 朋仁、坂田 泰史、松本 卓也
        日本化学会第100回春期年会
        2020年3月22日、東京理科大学野田キャンパス(野田市)

      2019

        • 金ナノ粒子架橋構造を用いたRu錯体分子の非線形電気伝導特性
          松本卓也
          第16回バイオオプティクス研究会
          2019年12月13-14日、山口大学 (山口市)
        • 金微粒子架橋によるRu錯体分子の共鳴トンネル接合の構築
          阪本怜央、大塚洋一、西嶋知史、大山浩、松本卓也
          2019年度 関西薄膜・表面物理セミナー
          2019年11月15-16日、京都府立ゼミナールハウス あうる京北(京都府)
        • 大気圧イオン化質量分析法”SPESI”を用いたナノ体積液体における脂質分子膜の力学的特性
          上堀内武尉、大塚洋一、竹内彩、松本卓也
          2019年度 関西薄膜・表面物理セミナー
          2019年11月15-16日、京都府立ゼミナールハウス あうる京北(京都府)
        • Local-field induced current fluctuation in shape-limited self-doped polyaniline
          2019年度 関西薄膜・表面物理セミナー
          Jiannan Bao, Yoichi Otsuka, Yuki Usami, Takuya Matsumoto
          2019年11月15-16日、京都府立ゼミナールハウス あうる京北(京都府)
        • 分子ネットワークを用いるマテリアル知能
          松本卓也
          第10回分子アーキテクトニクス研究会、
          2019年11月7-8日(発表日11月8日)、九州国立博物館ミュージアムホール(太宰府市)
        • 金微粒子/Ru錯体/TiO2界面におけるプラズモン励起電荷分離の画像化
          三坂朝基、山田将也、大塚洋一、松本卓也
          第10回分子アーキテクトニクス研究会、
          2019年11月7-8日(発表日11月8日)、九州国立博物館ミュージアムホール(太宰府市)
        • Ru二核錯体が示す電流ヒステリシス特性のスルーレート依存性
          村松拓実、大塚洋一、小澤寛晃、芳賀正明、松本卓也
          2019年度日本表面真空学会学術講演会
          2019年10月28-30日(発表日10月30日)、つくば国際会議場(つくば市)
        • 探針同期時間分解静電気力顕微鏡によるナノ分子構造体のキャリアダイナミクス
          松本卓也、梶本健太郎、荒木健人、大塚洋一、大山浩
          2019年度日本表面真空学会学術講演会
          2019年10月28-30日(発表日10月30日)、つくば国際会議場(つくば市)
        • Photodissociation dynamics of oriented halothane
          CHE D.-C., NAKAMURA M., LIN K.-C., KASAI T., PALAZETTI F., AQUILANTI, V.
          2019年 第35回 化学反応討論会
          2019年 6月5日~7日(東広島市)
        • ハロタンの光解離によるBr及びCl原子生成の反応分岐機構の解明
          蔡 徳七,中村 雅明, 笠井 俊夫,K.-C. LIN,F. Palazzetti,V. Aquilantti
          2019年 第80回 応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18日~21日 (札幌市)
        • Visualization of Sampling and Ionization Processes in Scanning Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry
          B. Kamihoriuchi,Y. Otsuka,A. Takeuchi,F. Iwata,T. Matsumoto
          第14回 質量分析夏の学校
          2019年9月19-20日(発表日9月20日)、アイ・アイ・ランド(大阪府四條畷市)
        • Accelerated Derivatization of Peptide in Tapping-mode Scanning Probe Electrospray Ionization (t-SPESI)
          A. Takeuchi, Y. Otsuka, B. Kamihoriuchi, M. Miyashita, T. Matsumoto
          第14回 質量分析夏の学校
          2019年9月19-20日(発表日9月20日)、アイ・アイ・ランド(大阪府四條畷市)
        • 探針同期時間分解静電気力顕微鏡による電荷ダイナミクス画像化
          梶本 健太郎、荒木 健人、大塚 洋一、大山 浩、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • Room-Temperature Detection of Single-Electron Transfer in N719 Redox State by Frequency-mode AFM
          Ming-Chi Cheng, Kentaro Kajimoto, Takumi Muramatsu, Takuya Matsumoto
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • 振幅制御周波数変調検出によるTiO2表面上Auナノ粒子のKPFM測定
          三坂 朝基、梶本 健太郎、荒木 健人、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法によるヒト心臓組織のイメージング質量分析
          大塚 洋一、上堀内 武尉、竹内 彩、新間 秀一、宮脇 大、木岡 秀隆、大谷 朋仁、坂田 泰史、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • Ru二核錯体が示す電流ヒステリシス特性のスルーレート依存性
          村松 拓実、大塚 洋一、小澤 寛晃、芳賀 正明、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • 金微粒子/ポリアニリンネットワークのラマン分光
          福丸 知世、松本 卓也、宇佐美 雄生、内藤 泰久、大塚 洋一
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • 分子ネットワークを用いた脳神経型情報処理の試み
          宇佐美 雄生、大塚 洋一、内藤 泰久、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • PEDOT:PSS細線の電気伝導特性
          中島 剛志、Bao Jiannan、大塚 洋一、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • ハロタンの光解離によるBr及びCl原子生成の反応分岐機構の解明
          蔡 徳七,中村 雅明、 笠井 俊夫,K.-C. Lin,F. Palazzetti,V. Aquilantti
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月18日)、北海道大学(札幌市)
        • Field-Effect-Induced Current Fluctuation in Patterned Self-Doped Polyaniline
          Jiannan Bao, Yoichi Otsuka, Yuki Usami, Takuya Matsumoto
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月20日)、北海道大学(札幌市)
        • 単一金微粒子架橋によるRu錯体分子の共鳴トンネル接合の構築
          阪本 怜央、大塚 洋一、西嶋 知史、大山 浩、松本 卓也
          第80回応用物理学会秋季学術講演会
          2019年9月18-21日(発表日9月20日)、北海道大学(札幌市)
        • ナノ体積液体を駆使した極致イメージング質量分析法による分子夾雑情報の可視化
          大塚洋一
          分子夾雑の生命化学 第三回領域会議
          2019/5/20、アゴラヒルトップホテル&スパ(福岡市)
        • 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法における液架橋の保持時間制御
          上堀内武尉、大塚洋一、竹内彩、岩田太、松本卓也
          第67回質量分析総合討論会
          2019/5/15、つくば国際会議場
        • タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)におけるサンプリングイオン化効率の向上
          竹内彩、大塚洋一、上堀内武尉、松本卓也
          第67回質量分析総合討論会
          2019/5/15、つくば国際会議場
        • 3次元モデル組織を用いた薬物イメージング 第67回質量分析総合討論会 ポスター発表
          新間秀一、松崎典弥、大塚洋一、今野雅允
          2019/5/17、つくば国際会議場
        • 走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のサンプリングイオン化過程
          大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、岩田太、松本卓也
          第67回質量分析総合討論会
          2019/5/17、つくば国際会議場
        • 松本卓也
          ネットワーク型分子システムによる情報処理
          電子情報通信学会 有機エレクトロニクス研究会(OME)
          2019年4月25-27日(発表日4月27日)、屋久島環境文化村センター(鹿児島県)
        • 宇佐美雄生、Bram van de Ven, Dilu Mathew, Tao Chen, 大塚洋一, Wilfred van der Wiel, 松本卓也
          自己ドープ型ポリアニリンネットワークの非線形プロトン伝導特性
          第66回応用物理学会春季学術講演会
          2019年3月9-12日(発表日3月10日)、東京工業大学大岡山キャンパス(東京都)
        • 荒木健人、梶本健太郎、大山浩、松本卓也
          探針同期による時間分解静電気力顕微鏡の開発
          第66回応用物理学会春季学術講演会
          2019年3月9-12日(発表日3月11日)、東京工業大学大岡山キャンパス(東京都)
        • 大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、岩田太、松本卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のサンプリングイオン化過程の可視化
          第66回応用物理学会春季学術講演会
          2019年3月9-12日(発表日3月12日)、東京工業大学大岡山キャンパス(東京都)
        • 宇佐美雄生、斉藤明弘、阪本怜央、福丸知世、村松巧実、オーデ・グルート・ビーバーボルグ・ハンス、内藤泰久、松本卓也
          分子ネットワークによる神経型情報デバイスの構築
          第66回応用物理学会春季学術講演会
          2019年3月9-12日(発表日3月12日)、東京工業大学大岡山キャンパス(東京都)
        • 大塚洋一、西嶋知史、阪本怜央、梶本健太郎、松本卓也
          Ru錯体を経由するトンネル伝導
          日本化学会第99回春季年会
          2019年3月16-19日(発表日3月18日)、甲南大学岡本キャンパス(神戸市)
        • 永井 哲郎、藤本 和士、寺本 高啓、大山 浩
          イオン液体界面における二酸化炭素の溶解過程について
          第13回分子科学討論会
          2019年9月月17-20日(発表日9月18日)、名古屋大学東山キャンパス(名古屋市)
        • OHOYAMA Hiroshi, TERAMOTO Takahiro
          Study on initial dissolution dynamics of CO 2 at the gas-liquid interface by using an ionic liquid beam
          第35回化学反応討論会
          2019年6月5-7日(発表日6月7日)、東広島芸術文化ホール (東広島市)
        • OHOYAMA Hiroshi, TERAMOTO Takahiro
          Study on initial dissolution dynamics of CO 2 at the gas-liquid interface by using an ionic liquid beam
          第35回化学反応討論会
          2019年6月5-7日(発表日6月7日)、東広島芸術文化ホール (東広島市)
        • CHE Dock-Chil1, NAKAMURA Masaaki2, LIN King-Chuen2, KASAI Toshio2, PALAZETTI Federico3, AQUILANTI, Vinzenzo
          Photodissociation dynamics of oriented halothane
          第35回化学反応討論会
          2019年6月5-7日(発表日6月7日)、東広島芸術文化ホール (東広島市)

      2018

        • 村松拓実、大塚洋一、西嶋知史、阪本怜央、小澤寛晃、芳賀正明、松本卓也
          原子間力顕微鏡を用いたRu二核錯体の電流ヒステリシスと化学構造の相関
          2018年度 関西薄膜・表面物理セミナー
          2018年11月23-24日(発表日11月23日)、京都府立ゼミナールハウス あうる京北(京都市)
        • 大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、岩田太、松本卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のフィードバック制御機構によるマルチモーダルイメージング
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月20日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • リフシッツギデオン イツハク、松本卓也
          ナノピペット技法を用いた固体表面上のDNAパターニング
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月20日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 蔡ユーニン、大山浩、松本卓也
          Ir(ppy)3薄膜の電子注入による三重項の励起とI-V特性
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月20日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 梶本健太郎、荒木健人、大塚洋一、大山浩、松本卓也
          時間分解静電気力顕微鏡によるOFETの評価
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 荒木健人、家裕隆、安蘇芳雄、大山浩、松本卓也
          探針振動同期を利用した光励起電荷の時間分解静電気力画像化
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 上堀内武尉、大塚洋一、竹内彩、岩田太、松本卓也
          大気圧サンプリングイオン化法“SPESI”におけるナノ体積液体の動的変化の可視化
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 福丸知世、松本卓也、大塚洋一、内藤泰久、宇佐美雄生
          金微粒子/ポリアニリンネットワークの界面物性と電気特性に関する研究
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 阪本怜央、大塚洋一、西嶋知史、大山浩、松本卓也
          金ナノ粒子架橋構造を用いたRu錯体分子の非線形電気伝導特性
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 鮑建楠、大塚洋一、宇佐美雄生、松本卓也
          導電性高分子/金ナノ粒子ネットワーク構造の光応答とノイズ生成
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 斉藤明弘、宇佐美雄生、大塚洋一、内藤泰久、松本卓也
          ポリオキソメタレートM0154-ring/Au微粒子ネットワークの特異な電気特性
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 三坂朝基、山田将也、大塚洋一、松本卓也
          TiO2/Auナノ粒子界面の光励起電荷蓄積における電子状態アライメント
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 村松拓実、大塚洋一、小澤寛晃、芳賀正明、松本卓也
          原子間力顕微鏡を用いたRu二核錯体の電流ヒステリシス特性と化学構造の相関
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 中島剛志、山口晴正、大塚洋一、松本卓也
          DNA-タンパク質集合体におけるクーロンブロッケードネットワークに電気特性
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 竹内彩、大塚洋一、上堀内武尉、松本卓也
          タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)におけるプローブ振動周波数の効果
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 梶本健太郎、荒木賢人、大塚洋一、大山浩、松本卓也
          探針振動を利用した時間分解静電気力顕微鏡
          2018年日本表面真空学会学術講演会
          2018年11月19-21日(発表日11月21日)、神戸国際会議場(神戸市)
        • 原子間力顕微鏡を用いたRuに書く錯体の電流ヒステリシスと化学構造の相関
          村松拓実、大塚洋一、小澤寛晃、芳賀正明、松本卓也
          第9回分子アーキテクトニクス研究会
          2018年11月1-2日(発表日11月1日)、金森ホール(函館市)
        • Electric Noise Generation in Conductive Polymer/Metal Nanoparticle Molecular Network by Optical Stimulation
          Jiannan Bao, Yoichi Otsuka, Yuki Usami, Takuya Matsumoto
          第9回分子アーキテクトニクス研究会
          2018年11月1-2日(発表日11月2日)、金森ホール(函館市)
        • 金微粒子とPOMコンポジットの電気伝導
          斉藤 明弘、宇佐美 雄生、大塚 洋一、内藤 泰久、松本 卓也
          第79回応用物理学会秋季学術講演会
          2018年9月18-21日(発表日9月20日)名古屋国際会議場(名古屋市)
        • 原子間力顕微鏡を用いたRu二核錯体の電流ヒステリシス特性の研究
          村松 拓実、大塚 洋一、小澤 寛晃、芳賀 正明、松本 卓也
          第79回応用物理学会秋季学術講演会
          2018年9月18-21日(発表日9月20日)名古屋国際会議場(名古屋市)
        • 探針振動を利用した時間分解静電気力顕微鏡法
          荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、大山 浩、松本 卓也
          第79回応用物理学会秋季学術講演会
          2018年9月18-21日(発表日9月18日)名古屋国際会議場(名古屋市)
        • 時間分解静電気力顕微鏡によるOFET中の電荷追跡
          梶本 健太郎、荒木 健人、大塚 洋一、大山 浩、松本 卓也
          第79回応用物理学会秋季学術講演会
          2018年9月18-21日(発表日9月18日)名古屋国際会議場(名古屋市)
        • タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法のフィードバック制御
          大塚 洋一、上堀内 武尉、竹内 彩、岩田 太、松本 卓也
          第79回応用物理学会秋季学術講演会
          2018年9月18-21日(発表日9月18日)名古屋国際会議場(名古屋市)
        • 竹内彩、大塚洋一、上堀内武尉、宮下正弘、松本卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(SPESI)を用いたペプチドの迅速誘導体化反応の検討
          日本化学会第98回春季年会
          2018年3月20~23日(発表日3月21日)日本大学理工学部船橋キャンパス
        • 上堀内武尉、大塚洋一、竹内彩、岩田太、松本卓也、走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法(SPESI-MS)におけるサンプリングイオン化プロセスの可視化、第66回質量分析総合討論会、ポスター発表、2018/5/16、ホテル阪急エキスポパーク

        • 大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、松本卓也、タッピングモード走査形プローブエレクトロスプレーイオン化(t-SPESI)のフィードバック制御法の開発、第66回質量分析総合討論会、ポスター発表、2018/5/16、ホテル阪急エキスポパーク

        • 竹内彩、大塚洋一、上堀内武尉、宮下正弘、松本卓也、タッピング型走査プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)におけるペプチドの迅速誘導体化反応、第66回質量分析総合討論会、ポスター発表、2018/5/16、ホテル阪急エキスポパーク

        • 荒木健人、家裕隆、安蘇芳雄、大山浩、松本卓也
          時間分解静電気力顕微鏡による光励起電荷ダイナミクスの可視化
          日本化学会第98回春季年会
          2018年3月20~23日(発表日3月22日)日本大学理工学部船橋キャンパス
        • 山田将也、荒木健人、大塚洋一、松本卓也
          TiO2/金ナノ粒子界面における光誘起電荷蓄積
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月19日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 宇佐美雄生、大塚洋一、内藤泰久、松本卓也
          金微粒子-ポリアニリンネットワークの非線形電気特性
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月17日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 西嶋知史、大塚洋一、松本卓也
          金ナノ粒子架橋構造を用いたRu錯体分子の非線形電気特性
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月17日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 斉藤明弘、宇佐美雄生、大塚洋一、内藤泰久、松本卓也
          二次元分子/微粒子ネットワークの微粒子間距離制御
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月17日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 村松拓実、大塚洋一、高木大敬、小澤寛晃、芳賀正明、松本卓也
          電導性探針原子間力顕微鏡を用いたRu二核錯体の非線形電気伝導測定
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月18日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 百合本拓也、山口晴正、大塚洋一、松本卓也
          ナノギャップ電極を用いた生体分子薄膜の電気伝導特性の検討
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月18日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 梶本健太郎、荒木健人、大塚洋一、大山浩、松本卓也
          カンチレバーの振動を利用した時間分解静電気力顕微鏡
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月18日)、早稲田大学西早稲田キャンパス
        • 上堀内武尉、大塚洋一、竹内彩、岩田太、松本卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(SPESI)におけるナノ体積帯電液体の動的挙動の研究
          第65回応用物理学会春季学術講演会
          2018年3月17~20日(発表日3月19日)、早稲田大学西早稲田キャンパス

      2017

        • 宇佐美生雄、大塚洋一、内藤泰久、松本卓也
          金微粒子-ポリアニリンネットワークの非線形電気特性
          第8回分子アーキテクトニクス研究会
          2017年12月4-5日(発表日12月4日)愛媛大学 南加ホール(松山市)
        • 村松拓実、大塚洋一、高木大敬、小澤寛晃、芳賀正明、松本卓也
          導伝性探針を用いたRu二核錯体分子膜の電気伝導測定
          第8回分子アーキテクトニクス研究会
          2017年12月4-5日(発表日12月4日)愛媛大学 南加ホール(松山市)
        • 斉藤明弘、宇佐美生雄、大塚洋一、内藤泰久、松本卓也
          二次元AuNPネットワークの微粒子間距離制御に関する研究
          第8回分子アーキテクトニクス研究会
          2017年12月4-5日(発表日12月4日)愛媛大学 南加ホール(松山市)
        • 大塚洋一、上堀内武尉、竹内彩、松本卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法(SPESI)の開発とラベルフリー質量イメージング
          2017年度関西薄膜・表面物理セミナー
          2017年12月1-2日(発表日12月2日)、神戸セミナーハウス(三田市)
        • 西嶋知史、大塚洋一、松本卓也
          ダブルジャンクション型ナノ電極を用いたRu錯体分子の非線形電気伝導特性
          2017年度関西薄膜・表面物理セミナー
          2017年12月1-2日(発表日12月2日)、神戸セミナーハウス(三田市)
        • 西嶋 知史、大塚 洋一、松本 卓也
          ダブルジャンクション型ナノ電極を用いたRu錯体分子膜の非線形電気伝導特性
          第78回応用物理学会秋季学術講演会
          2017年9月5-8日(発表日9月5日)、福岡国際会議場・福岡国際センター・福岡サンパレスホテル(福岡市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、大山 浩、松本 卓也
          時間分解静電気力顕微鏡による光励起電荷の可視化
          第78回応用物理学会秋季学術講演会
          2017年9月5-8日(発表日9月6日)、福岡国際会議場・福岡国際センター・福岡サンパレスホテル(福岡市)
        • 江藤 理杏、大塚 洋一、上堀内 武尉、松本 卓也
          ナノピペットを用いたC8-BTBTのメゾスコピック分子パターニング法の検討
          第78回応用物理学会秋季学術講演会
          2017年9月5-8日(発表日9月6日)、福岡国際会議場・福岡国際センター・福岡サンパレスホテル(福岡市)
        • 大塚 洋一、小林 和生、小東 剛、荒川 隆一、松本 卓也
          タッピングモード走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法(t-SPESI)を用いたステロイドのオンサイト誘導体化の検討
          第65回質量分析総合討論会
          2017年5月17~19日(発表日5月17日)つくば国際会議場エポカルつくば(茨城県つくば市)
        • 大塚 洋一、小林 和生、小東 剛、荒川 隆一、松本 卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化を用いたステロイドのオンサイト誘導体化反応の検討
          日本化学会 第97春季年会 (2017)
          2017年3月16~19日(発表日3月18日)慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、大山 浩、松本 卓也
          時間分解静電気力顕微鏡による有機太陽電池の電荷マッピング
          日本化学会 第97春季年会 (2017)
          2017年3月16~19日(発表日3月18日)慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
        • 高木 大敬、大塚 洋一、小澤 寛晃、芳賀 正明、松本 卓也
          導電性探針AFM を用いたRu 二核錯体のナノスケール電気物性計測
          日本化学会 第97春季年会 (2017)
          2017年3月16~19日(発表日3月18日)慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
        • OTSUKA, Yoichi, KOBAYASHI, Kazuo, KOHIGASHI, Tsuyoshi; ARAKAWA, Ryuichi; MATSUMOTO, Takuya
          On site derivatization of steroid by scanning probe electrospray ionization
          日本化学会 第97春季年会 (2017) ポスター発表
          2017年3月16~19日(発表日3月18日)慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、大山 浩、松本 卓也
          時間分解静電気力顕微鏡による有機太陽電池の電荷マッピング
          第64回応用物理学会春季学術講演会
          2017年3月14~17日(発表日3月14日)パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
        • 宇佐美 雄生、大塚 洋一、内藤 泰久、松本 卓也
          自己ドープ型ポリアニリンのナノスケール電気物性とネットワーク構築
          第64回応用物理学会春季学術講演会
          2017年3月14~17日(発表日3月14日)パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
        • 江藤 理杏、大塚 洋一、岩田 太、松本 卓也
          ナノ体積液体の帯電を活用した分子パターニング
          第64回応用物理学会春季学術講演会
          2017年3月14~17日(発表日3月14日)パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
        • 西嶋 知史、大塚 洋一、松本 卓也
          ダブルジャンクション型ナノ電極を用いたRu錯体分子膜の非線形電気伝導特性
          第64回応用物理学会春季学術講演会
          2017年3月14~17日(発表日3月14日)パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
        • 山田 将也、荒木 健人、大塚 洋一、松本 卓也
          ケルビンプローブフォース顕微鏡による有機色素分子/金属薄膜界面の電子準位アライメント
          第64回応用物理学会春季学術講演会
          2017年3月14~17日(発表日3月16日)パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
        • 高木 大敬、大塚 洋一、小澤 寛晃、芳賀 正明、松本 卓也
          導電性探針AFM を用いたRu 二核錯体のナノスケール電気物性
          第64回応用物理学会春季学術講演会
          2017年3月14~17日(発表日3月16日)パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

      2016

        • 丹下 直之、大塚 洋⼀、高木 大敬、西嶋 知史、松本 卓也
          KFMを用いたITO/Ru錯体/AuNPs構造の局所電荷分布の計側
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月20日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 大塚 洋⼀、小東 剛、嶋津 亮、岩田 太、荒川 隆⼀、松本 卓也
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量イメージング法の高分解能化の検討
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月20日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 義雄、大山 浩、*松本 卓也
          周波数シフト法静電気⼒顕微鏡による有機薄膜太陽電池における光誘起電荷マッピング
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月20日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 角田 早、大山 浩、*松本 卓也
          SAM膜修飾電極を用いたc型シトクロム単⼀分子の電気伝導計側
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月20日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 大塚 洋⼀、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          導電性探針AFMによるグラファイト上三脚分子の電気伝導計測
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 高木 大敬、大塚 洋⼀、丹下 直之、西嶋 知史、松本 卓也
          ITO/Ru錯体/Auナノ粒子構造の導電性探針AFMを⽤いた電気伝導計測
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 岸本 裕幸、山口 晴正、蔡 徳七、大山 浩、中村 ⼀平、綱島 亮、松本 卓也
          ポリオキソメタレートのナノスケール構造体と電気特性
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 西嶋 知史、大塚 洋⼀、丹下 直之、高木 大敬、松本 卓也
          ナノギャップ電極間に形成されたRu錯体/AuNP/Ru錯体構造の電気特性
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 山口 晴正、大塚 洋⼀、*松本 卓也
          DNAを鋳型としたタンパク質集合体のナノスケール電気伝導特性
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 宇佐美 雄生、今村 健太郎、赤井 智喜、蔡 徳七、大山 浩1、小林 光、松本 卓也
          自己ドープ型ポリアニリンのナノスケールグレイン内伝導
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 江藤 理杏、大塚 洋⼀、山口 晴正、松本 卓也
          ナノギャップ電極を用いたマグネシウムイオン添加DNAの電気伝導性計側
          第63回応用物理学会春季学術講演会
          2016年3月19-22日 (発表日3月21日)東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 眞榮平 愛、蔡 徳七、下内 章人、澤野 誠、松本 卓也
          O2及びCOと結合したヘモグロビンの表面物性
          日本化学会 第96春季年会 (2016)
          2016年3月24-27日 (発表日3月24日)同志社大学 京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
        • 山口 晴正、角田 早、岸本 裕幸、江藤 理杏、大山 浩、大塚 洋一、蔡 徳七、*松本 卓也
          巨大分子/DNA 複合ナノネットワークが示す非線形電気特性
          日本化学会 第96春季年会 (2016)
          2016年3月24-27日 (発表日3月24日)同志社大学 京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
        • 大塚 洋一、小東 剛、嶋津 亮、岩田 太、松本 卓也、荒川 隆一
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化の高空間分解能質量イメージングへの挑戦
          第64回質量分析総合討論会
          2016年5月20日 (発表日5月20日)ホテル阪急エキスポパーク(大阪府吹田市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安藤 芳雄、大山 浩、松本 卓也
          静電気力顕微鏡による有機太陽電池の時間分解電荷マッピング
          第77回応用物理学会秋季学術講演会
          2016年9月13~16日(発表日9月14日) 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)
        • 宇佐美 雄生、大塚 洋一、内藤 泰久、松本 卓也
          自己ドープ型ポリアニリンを用いたマルチチャネル型分子デバイスの電気伝導特性
          第77回応用物理学会秋季学術講演会
          2016年9月13~16日(発表日9月14日) 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)
        • 西嶋 知史、大塚 洋一、松本 卓也
          ダブルジャンクション型ナノ電極によるRu錯体を介した電気伝導のゆらぎ計測
          第77回応用物理学会秋季学術講演会
          2016年9月13~16日(発表日9月14日) 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)

      2015

        • 角田 早、蔡 徳七、松本 卓也
          シトクロムc3 単一分子の非線形電気伝導特性
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 山口 晴正、大塚 洋一、松本 卓也
          ナノギャップ電極を用いたDNA-巨大分子ネットワークの電気伝導特性
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 西嶋 知史、大塚 洋一、丹下 直之、高木 大敬、松本 卓也
          ナノギャップ電極間に形成されたRu 錯体/Au ナノ粒子/Ru 錯体接合の電気特性評価
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 高木 大敬、大塚 洋一、丹下 直之、西嶋 知史、松本 卓也
          ITO/Ru 錯体/Au ナノ粒子接合の導電性探針AFM を用いた電気伝導計測
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          静電気力顕微鏡による有機薄膜太陽電池表面の電荷検出
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 眞榮平 愛、蔡 徳七、下内 章人、澤野 誠、松本 卓也
          AFM 観測によるO2 及びCO と結合したヘモグロビンの表面吸着挙動
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 大塚 洋一、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          導電性探針AFM によるグラファイト上の三脚分子の電気伝導計測の検討
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月1日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 山口 晴正、大塚 洋一、松本 卓也
          巨大分子-DNAネットワークの電気伝導特性
          2015年度関西薄膜・表面物理セミナー
          2015年11月20-21日 (発表日11月20日)星の里いわふね(大阪府交野市)
        • 角田 早、大塚 洋一、蔡 徳七、大山 浩、松本 卓也
          シトクロムc3単一分子の非線形電気伝導特性
          2015年度関西薄膜・表面物理セミナー
          2015年11月20-21日 (発表日11月20日)星の里いわふね(大阪府交野市)
        • 角田 早、大塚 洋一、蔡 徳七、大山 浩、松本 卓也
          自己組織化膜上シトクロム c3 単一分子の非線形電気伝導特性の解析
          第6回分子アーキテクトニクス研究会
          2015年10月23-24日 (発表日10月23日)京都大学桂キャンパスローム記念館(京都府京都市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、大山 浩、松本 卓也
          静電気力顕微鏡による有機薄膜太陽電池の電荷検出
          第6回分子アーキテクトニクス研究会
          2015年10月23-24日 (発表日10月23日)京都大学桂キャンパスローム記念館(京都府京都市)
        • 大塚 洋一、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          AFMを用いたグラファイト上の三脚分子の構造と電気特性の評価
          第6回分子アーキテクトニクス研究会
          2015年10月23-24日 (発表日10月23日)京都大学桂キャンパスローム記念館(京都府京都市)
        • 山口 晴正、大塚 洋一、蔡 徳七, 大山 浩、松本 卓也
          リゾチーム-DNAネットワークの電気伝導特性
          第6回分子アーキテクトニクス研究会
          2015年10月23-24日 (発表日10月23日)京都大学桂キャンパスローム記念館(京都府京都市)
        • 岸本 裕幸、山口 晴正、蔡 徳七、中村 一平、綱島 亮、大山 浩、松本 卓也
          ポリオキソ酸のナノスケール電気伝導
          第6回分子アーキテクトニクス研究会
          2015年10月23-24日 (発表日10月23日)京都大学桂キャンパスローム記念館(京都府京都市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          静電気力顕微鏡による有機薄膜太陽電池表面の電荷検出
          2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会
          2015年9月13-16日 (発表日9月15日)名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)
        • 岸本 裕幸、山口 晴正、蔡 徳七、中村 一平、綱島 亮、大山 浩、松本 卓也
          ポリオキソ酸のナノ構造体形成と電気特性
          2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会
          2015年9月13-16日 (発表日9月15日)名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)
        • 宇佐美 雄生、今村 健太郎、赤井 智喜、蔡徳七、小林 光、松本 卓也
          自己ドープ型ポリアニリンナノファイバーの電気伝導特性
          2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会
          2015年9月13-16日 (発表日9月15日)名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          有機太陽電池薄膜におけるナノスケール静電ポテンシャル計測
          ナノ学会第13回大会
          2015年5月11-13日 (発表日5月13日) 東北大学片平さくらホール(宮城県仙台市)
        • 角田 早、蔡 徳七、松本 卓也
          シトクロムc3単一分子の非線形電気伝導特性
          ナノ学会第13回大会
          2015年5月11-13日 (発表日5月13日) 東北大学片平さくらホール(宮城県仙台市)
        • 宇佐美 雄生、今村 健太郎、赤井 智喜、蔡 徳七、小林 光、松本 卓也
          少数自己ドープ型ポリアニリンナノファイバーの電気伝導特性
          ナノ学会第13回大会
          2015年5月11-13日 (発表日5月13日) 東北大学片平さくらホール(宮城県仙台市)
        • 眞榮平 愛、蔡 徳七、下内 章人、澤野 誠、松本 卓也
          AFM観測によるO2及びCOと結合したヘモグロビンの表面吸着挙動
          ナノ学会第13回大会
          2015年5月11-13日 (発表日5月11日) 東北大学片平さくらホール(宮城県仙台市)
        • 岸本 裕幸、山口 晴正、蔡 徳七、松尾 春佳、綱島 亮、松本 卓也
          ポリオキソ酸のナノ構造体形成と電気特性
          日本化学会第95春季年会2015
          2015年12月26-29日 (発表日3月26日)  日本大学 理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          有機太陽電池薄膜における電荷分布の微細構造
          日本化学会第95春季年会2015
          2015年12月26-29日 (発表日3月26日)  日本大学 理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)
        • 大塚 洋一
          走査型プローブエレクトロスプレーイオン化質量分析法を用いた,がん組織のラベルフリーイメージングの検討
          2015年真空・表面科学合同講演会
          2015年12月1-3日 (発表日12月3日)つくば国際会議場(茨城県つくば市)
        • 松浦 裕介、寺本 高啓、*大山 浩
          イオン液体分子線を用いた気-液界面溶解ダイナミクスの研究
          第9回分子科学討論会2015東京
          2015年9月16-19日(発表日9月18日) 東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
        • 蔡 徳七
          六極電場により状態選別したキラル分子の配向状態分布
          第9回分子科学討論会2015東京
          2015年9月16-19日(発表日9月17日) 東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)

      2014

        • 松浦 裕介、寺本 高啓、*大山 浩
          イオン液体分子線を用いた気-液界面衝突ダイナミクスの研究
          第8回分子科学討論会2014
          2014年9月21-24日 (発表日9月21日)広島大学 東広島キャンパス (広島県東広島市)
        • *蔡 徳七
          アライメント状態を選別したCO(a)とCS(X)の反応における立体効果
          第8回分子科学討論会2014
          2014年9月21-24日 (発表日9月21日)広島大学 東広島キャンパス (広島県東広島市)
        • *蔡 徳七、下内 章人、水上 智恵、野瀬 和利
          LIF法によるヒト手掌表面から放出されたOHラジカルの直接検出
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月20日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 角田 早、蔡 徳七、鈴木 雅之、樋口 芳樹、松本 卓也
          SAM 修飾電極を用いたシトクロム c3 単分子の電気伝導測定
          第8回分子科学討論会2014
          2014年9月21-24日(発表日9月24日) 広島大学 東広島キャンパス (広島県東広島市)
        • 山口 晴正、蔡 徳七、平野 義明、松本 卓也
          シトクロムc/DNAのクーロンブロッケード挙動
          第8回分子科学討論会2014
          2014年9月21-24日(発表日9月22日) 広島大学 東広島キャンパス (広島県東広島市)
        • 眞榮平 愛、蔡 徳七、下内 章人、澤野 誠、松本 卓也
          酸素及びCOと吸着したヘモグロビンの物理化学特性の相違
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月20日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 角田 早、蔡 徳七、鈴木 雅之、樋口 芳樹、松本 卓也
          SAM 修飾電極を用いたシトクロム c3 単分子の電気伝導測定
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月18日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 山口 晴正、蔡 徳七、平野 義明、松本 卓也
          シトクロムc /異種DNAのクーロンブロッケード挙動
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月18日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 宇佐美 雄生、山口 晴正、岸本 裕幸、蔡 徳七、松本 卓也
          自己ドーピングを有する水溶性ポリアニリンのナノスケール電気特性
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月18日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 松尾 春佳、角田 早、岸本 裕幸、蔡 徳七、綱島 亮、中村 一平、松本 卓也
          AFMによる{Mo154/152}-ringの電気伝導度測定
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月17日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 岸本 裕幸、山口 晴正、蔡 徳七、中村 一平、綱島 亮、松本 卓也
          {Mo154/152}–ringの超薄膜形成と電気特性
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月17日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 荒木 健人、家 裕隆、安蘇 芳雄、松本 卓也
          周波数変調静電気力画像による有機薄膜上の電荷分布観察
          第75回 応用物理学会秋季学術講演会
          2014年9月17-20日(発表日9月17日)  北海道大学 札幌キャンパス(北海道札幌市)
        • 角田 早、蔡 徳七、松本 卓也
          AFMによるシトクロムc3分子の電気伝導測定
          日本化学会第94春季年会(2014)
          2014年3月27-30日(発表日3月28日)  名古屋大学 東山キャンパス (愛知県名古屋市)
        • 山口 晴正、蔡 徳七、平野 義明、松本 卓也
          シトクロムc3ネットワークの電気特性
          日本化学会第94春季年会(2014)
          2014年3月27-30日(発表日3月28日)  名古屋大学 東山キャンパス (愛知県名古屋市)
        • 角田 早、蔡 徳七、松本 卓也
          AFM によるシトクロム c3 分子の電気伝導測定
          第4回分子アーキテクトロニクス研究会
          2014年3月11-12日 (発表日3月11日) 東京大学本郷キャンパス 山上会館 (東京都文京区)
        • 山口 晴正、蔡 徳七、平野 義明、松本 卓也
          シトクロム c3 ネットワークの電気特性
          第4回分子アーキテクトロニクス研究会
          2014年3月11-12日 (発表日3月11日)  東京大学本郷キャンパス 山上会館 (東京都文京区)

      2013

        • 角田早、山口晴正、平野義明、蔡徳七、松本卓也
          電子移動タンパク質の電気伝導:単一分子からネットワークへ
          関西薄膜表面物理セミナー
          2013年11月29-30日(発表日11月29日)グリーンビレッジ交野(大阪府交野市)
        • 松浦裕介、大山浩
          Rg*(3P2, MJ = 2)+NF3反応における多次元立体ダイナミクス
          第7回分子科学討論会2013京都
          2013年9月24-27日(発表日9月27日)京都テルサ(京都市)
        • 大山浩、松浦裕介
          配向-配向ベクトル相関による多自由度系反応ダイナミクスの研究
          第7回分子科学討論会2013京都
          2013年9月24-27日(発表日9月26日)京都テルサ(京都市)
        • 角田早、山口晴正、蔡徳七、平野義明、鈴木雅之、樋口芳樹、松本卓也
          AFMによるシトクロムc3分子の電気伝導度測定
          第7回分子科学討論会2013京都
          2013年9月24-27日(発表日9月27日)京都テルサ(京都市)
        • Palazzetti Federico,Tsai Po-Yu,Lombardi Andrea,中村雅明、蔡徳七、笠井俊夫、Lin
          King-Chuen,Aquilanti Vincenzo
          配向を規定した鏡像異性体分子の光解離過程における散乱分布の相違
          第7回分子科学討論会2013京都
          2013年9月24-27日(発表日9月27日)京都テルサ(京都市)
        • 山口晴正、角田早、蔡徳七、平野義明、鈴木雅之、樋口芳樹、松本卓也
          シトクロムc3ネットワークの電気特性
          第7回分子科学討論会2013京都
          2013年9月24-27日(発表日9月25日)京都テルサ(京都市)
        • 山口晴正、角田早、蔡徳七、平野義明、鈴木雅之、樋口芳樹、松本卓也
          シトクロムc3ネットワークの電気特性
          第74回応用物理学会秋季学術講演会
          2013年9月16-20日(発表日9月16日)同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
        • 角田早、山口晴正、蔡徳七、平野義明、鈴木雅之、樋口芳樹、松本卓也
          AFMによるシトクロムc3分子の電気伝導度測定
          第74回応用物理学会秋季学術講演会
          2013年9月16-20日(発表日9月16日)同志社大学 京田辺キャンパス(京都府京田辺市)
        • 松本 卓也
          酸化還元による分子回路の構築と確率共鳴現象の創発
          分子ナノシステムの創発化学領域終了シンポジウム
          2013年2月1-2日(発表日2月2日)東京国際フォーラム 東京都 千代田区

      2012

        • 松本 卓也
          時間分解周波数変調AFMによる有機太陽電池の表面電荷観測
          山口大学第15回理学部講演会
          2012年12月7-8日(発表日12月7日)山口大学吉田キャンパス理学部15番教室 山口県 山口市
        • 松本卓也
          時間分解周波数変調AFMによる有機太陽電池の表面電荷観察
          応用物理学会主催 関西薄膜表面物理セミナー
          2012年11月23-24日(発表日11月23日)神戸市立神戸セミナーハウス 兵庫県 神戸市
        • 松本卓也、平野義明、瀬川裕司、川合知二
          レドックス活性を有する分子ネットワークが示す確率共鳴現象
          第6回分子科学討論会2012東京
          2012年9月18-21日(発表日9月21日)東京大学本郷キャンパス 東京都 文京区
        • 平野義明、瀬川裕司、川合知二、松本卓也
          クーロンブロッケード挙動を示す巨大分子レドックスネットワークアレイ
          第6回分子科学討論会2012東京
          2012年9月18-21日(発表日9月21日)東京大学本郷キャンパス 東京都 文京区
        • 平野義明、瀬川裕司、川合知二、松本卓也
          マンガン核錯体ネットワークアレイを利用した確率共鳴による信号検出
          2012年春季第59回応用物理学関係連合講演会
          2012年3月15-18日(発表日3月16日) 早稲田大学 東京都 新宿区
        • 松本卓也
          巨大分子ネットワークを用いた確率増幅デバイス
          分子ナノシステムの創発化学第3回公開シンポジウム
          2012年2月3-4日(発表日2月4日)大阪科学技術センター 大阪府 大阪市
        • 松本卓也、平野義明、瀬川裕司、川合知二
          シトクロムcを利用した低次元クーロンネットワークと確率増幅
          第24回自律分散システムシンポジウム
          2012年1月27-28日(発表日1月27日)
          神戸ファッションマート・コンベンションルーム 兵庫県 神戸市

      2011

        • 松本卓也、山田郁彦、佐藤江利子、川合知二
          バイオ分子の分極画像化
          第8回バイオオプティクス研究会・理研シンポジウム「蛍光相関分光と情報伝達(8)」合同シンポジウム
          2011年12月16-17日(発表日12月17日) 北里大学相模原キャンパスL1号館32番教室、51番教室
        • 松本卓也、前田泰、川合知二
          STM/NC-AFM 同時測定によるDNAの電気伝導解析
          2011年度関西薄膜表面物理セミナー
          2011年11月25-26日(発表日11月25日) グリーンビレッジ交野 大阪府 交野市
        • Matsuura, Yusuke; Ohoyama, Hiroshi
          Collision–Induced Harpooning Observed in the Excimer Formation in the Oriented NF3 + Oriented Kr* (3P2, MJ = 2) Reaction
          化学反応討論会、2011. 6. 8、東京工業大学  ベストポスター賞
        • Ohoyama, Hiroshi; Matsuura, Yusuke
          Steric Effect in the Energy transfer Reaction of Oriented CO (a 3Π, v’ = 0, Ω=1&2) + NO (X2Π) → NO (A2Σ+, B2Π) + CO (X1Σ+)
          化学反応討論会、2011. 6. 9、東京工業大学
        • 瀬川裕司、三宅雄介、平野義明、浅井哲也、川合知二、松本卓也
          自己組織化巨大分子を利用したクーロンブロッケードアレイの電気特性
          2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
          2011年3月24-27日(発表日3月26日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市
        • 松本卓也、平野義明、瀬川裕司1,三宅雄介、浅井哲也、川合知二
          シトクロムc/DNAネットワークの室温確率増幅
          2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
          2011年3月24-27日(発表日3月26日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市
        • 平野義明、瀬川裕司、三宅雄介、浅井哲也、川合知二、松本卓也
          マンガン核錯体を利用した低次元クーロンブロッケードアレイの電気特性
          2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
          2011年3月24-27日(発表日3月26日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市
        • 松本卓也、平野義明、瀬川裕司、三宅雄介、浅井哲也、川合知二
          シトクロムcを利用した低次元クーロンネットワークと室温確率増幅
          2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
          2011年3月24-27日(発表日3月26日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市
        • 松本卓也
          イントロダクトリートーク:確率過程に基づく電子材料・デバイス・システムの新展開
          2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
          2011年3月24-27日(発表日3月25日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市
        • 松本卓也
          巨大分子ネットワークを用いた確率増幅デバイス
          2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会
          2011年3月24-27日(発表日3月25日)神奈川工科大学 神奈川県 厚木市
        • 松本卓也、平野義明、瀬川裕司、三宅雄介、浅井哲也、川合知二
          シトクロムcを利用した低次元クーロンネットワークと確率増幅
          2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会
          2011年8月28日-9月2日(発表日8月30日)山形大学(小白川キャンパス) 山形県 山形市
        • 平野義明、瀬川裕司、浅井哲也、川合知二、松本卓也
          マンガン核錯体ネットワークアレイを利用した確率共鳴による信号検出
          2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会
          2011年8月28日-9月2日(発表日8月30日)山形大学 山形県 山形市
        • 松本卓也、平野義明、浅井哲也、川合知二
          巨大分子ネットワークを用いた確率増幅デバイス
          2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会
          2011年8月28日-9月2日(発表日8月31日)山形大学 山形県 山形市

      2010

        • 大山 浩,山川 潔,織田 遼,長町 有起,笠井 俊夫
          分子-分子反応(CH (v = 0, J, Fi) + O2)にみられる回転状態の組み合わせに依存した特異な反応性の検証
          分子科学討論会、2010. 9. 17、大阪大学
        • 松浦 裕介,大山 浩
          Rg*+RX系におけるRgX生成過程の多次元立体効果の研究
          分子科学討論会、2010. 9. 16、大阪大学
        • H. Ohoyama, T. Kasai
          Multi-Dimensional Stereo Selectivity for the Excimer Formation in the Reaction between Oriented Xe*(3P2, MJ=2) and Oriented Halogen-Containing Molecules
          化学反応討論会、2010. 6. 3、広島大学
        • H. Ohoyama, K. Yamakawa, R. Oda, Y. Nagamachi, T. Kasai
          Rotationally Correlated Reactivity in the CH(v=0, J, Fi) + O2 →OH(A)+CO Reaction
          化学反応討論会、2010. 6. 2、広島大学
        • 松本卓也
          巨大分子ネットワークの電荷輸送
          分子ナノシステムの創発化学公開シンポジウム
          2010年2月5-6日(2/5発表日) キャンパスプラザ京都 京都
        • 松本卓也
          分子スケールエレクトロニクス -単分子デバイスから単分子集積デバイスへ-
          大阪大学有機エレクトロニクス研究会春の学校
          「単一分子エレクトロニクスの要素技術と基礎理論」
          2010年2月26-27日(2/26発表日) 国際高等研究所 京都府木津川市
        • 松本卓也
          ソフトナノマテリアルの電流経路イメージング
          第57回応用物理学関係連合講演会
          2010年3月17-20日(3/19発表日) 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市
        • 平野義明、三宅雄介、瀬川裕司、松本卓也、川合知二
          二成分溶媒を利用したDNA折り紙ネットワークの形成制御
          第57回応用物理学関係連合講演会
          2010年3月17-20日(3/19発表日) 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市
        • 三宅雄介、瀬川裕司、平野義明、石田敬雄、松本卓也、川合知二
          DNA/金微粒子/シトクロム cによるクーロンブロッケードアレイの構築と評価
          第57回応用物理学関係連合講演会
          2010年3月17-20日(3/19発表日) 東海大学湘南キャンパス 神奈川県平塚市
        • 瀬川裕司、三宅雄介、平野義明、松本卓也、川合知二
          自己組織化巨大分子を利用したクーロンブロッケードアレイの構築
          第71回応用物理学会学術講演会
          2010年9月14-17日(9/14発表日) 長崎大学文教キャンパス 長崎市
        • 松本卓也、瀬川裕司、三宅雄介、平野義明、川合知二
          自己組織化巨大分子ネットワークによる確率共鳴デバイスの構築と信号検出
          第71回応用物理学会学術講演会

PAGE TOP