Previous Image
Next Image

info heading

info content

研究概要

単一分子、少数分子の化学反応を利用して、脳のような働きを行うシステムを構築し、分子エレクトロニクスの新しい方向を目指しています。

実験室・設備

超高真空,環境制御可能な周波数変調走査プローブ顕微鏡,高真空極低温プローバー,LB膜作製装置,ナノインプリント装置、光電子分光装置などを配置。

松本研究室へようこそ

電子移動反応は、化学の広い分野で重要な基礎的過程です。金属錯体の酸化還元、電極反応、光化学反応、光合成初期過程、生体内の電子伝達過程など、多くの化学現象において、電子移動反応は核心的役割を果たしています。
近年のナノサイエンスの発展に伴って、溶媒が存在しない環境における単一分子や少数分子ネットワークの電子移動が重要になってきました。単一分子計測では、強い力や電場のもとで、トンネリングや量子伝導による電子移動を取り扱う必要があります。少数分子系では、統計的なポテンシャルの揺らぎや分布が、大きな役割を果たすようになります。
我々の研究室では、走査プローブ顕微鏡やナノスケール電極を用いて、電子移動反応に立脚した分子エレクトロニクスに関する研究を進めています。個々の分子の化学的過程を情報の立場からとらえて、少数分子系で発現する物性を理解し、機能へと結びつけていくことを目指しています。

read moreNews & Topics

2017.07.16 IPOE2017(有機エレクトロニクスにおける界面物性に関する国際会議、フランス)で荒木君、大塚助教、松本教授が発表しました。
2017.07.07 荒木君、大塚助教がフランスCEAのVincent博士のグループを訪問して、セミナーを行いました。  
2017.06.29 研究室主催でWorkshop “Workshop on Molecular Architectonics – Toward Realization of Neuromorphic Computing by Nanomatrials” を開催しました。
2017.06.28 Prof. Wilfred G. van der Wiel  (The Netherlands) が来訪しました。
2017.04.30 いちょう祭化学科ツアーに参加しました。

read moreSeminar Info

2017.09.15 2017/9/21 岩田太教授(静岡大学)をお招きして、セミナーを行います。
2017.09.15 2017/9/20 精密工学会でキーノート講演を行います。
2017.09.15 2017/7/10-13 IPOE2017 (有機エレクトロニクスにおける界面物性に関する国際会議)で発表します。
2017.09.01 2017/9/5-8 応用物理学会で発表します。
2017.07.05 2017/7/10-13 IPOE2017 (有機エレクトロニクスにおける界面物性に関する国際会議)で発表します。

PAGE TOP